日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ランデブー!(2010)
ランデブー

作品名でWeb検索する
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
103分  

偶然拾った携帯電話で繋がった男女が事件に巻き込まれていく様子を、軽快なテンポで描くサスペンス・コメディ。ドラマ『白い春』脚本の尾崎将也による初監督作品。出演は、人気グループAAAのメンバーで、「呪怨 パンデミック」の宇野実彩子、バンドDUSTZのリーダーで、「交渉人 THE MOVIE」の川野直輝。

スタッフ

監督
尾崎将也
脚本
尾崎将也
撮影
金子正人
音楽
川井憲次
プロデューサー
冨田英樹増田悟司
照明
田村文彦
録音
古川裕志
VE(ビデオ編集)
岡本健
編集
日下部元孝
スクリプター
押田智子
ヘアメイク
澤入礼江
スチール
Taka Koike松山陽子
企画
尾崎将也

ストーリー

女優になることを夢見る谷山めぐる(宇野実彩子)は3年前、故郷をあとにして、東京に出てきた。それからアルバイトをしながら夢を追ってきたが、最近は自信をなくしつつあった。ある日、めぐるは勝負のかかった大事なオーディションに向かう途中、携帯電話を拾う。電話に出ると、相手はその電話の落とし主で、矢島(川野直輝)という男だった。お人好しのめぐるは、その携帯電話を預かることになってしまう。渋谷で闇の商売に携わる矢島には、企みがあった。めぐるは思いがけず事件に巻き込まれていくが、それがきっかけで、諦めかけていた夢に再び向き合うことになる。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: ステレオ

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/12/22]

映画情報を25件更新しました。

[2021/11/29]

映画情報を41件更新しました。