日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

奴隷船(2010)
ドレイセン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
2010年03月06日 
製作会社
新東宝映画 
配給会社
新東宝映画 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
71分  

「白日夢」などの官能作品で知られる愛染恭子の引退記念映画。SMマニアの会を主宰するSM小説家が、かつて愛人だった温泉旅館の女将の隠された一面を探っていく。団鬼六の短編小説の映画化。監督は「青いうた~のど自慢青春編~」の金田敬。共演は「食堂かたつむり」など数々の作品で名バイプレーヤーとして活躍する諏訪太郎。

スタッフ

原作
団鬼六
企画
衣川仲人
プロデューサー
福原彰佐藤吏
脚本
福原彰金田敬
撮影監督
清水正二
ヘアメイク
中尾あい
スチール
中居挙子
音楽
大場一魅
編集
酒井正次
監督
金田敬

ストーリー

鬼又貫(諏訪太郎)はSM小説家を生業とする傍ら、趣味で“鬼面の会”というSMマニアの会を主催。その会では時折、東京湾に浮かべた屋形船を“奴隷船”と称し、SM趣味の男たちが他人の“愛奴”を競り落とす遊びを行っていた。その一方で鬼又はしばしば、伊豆半島の伊東にある梅津温泉旅館に出かける。目当ては旅館の二代目・梅津善三郎の妻で女将の菊江(愛染恭子)。彼女は、大阪のある不動産会社社長の愛人奴隷だった過去を持ち、奴隷船で競りにかけられた過去を持っていた。そしてその後、2年ほど鬼又と愛人関係を続けていたのだ。ある日、秘書兼愛人である美幸(三枝実央)の不貞の現場を目撃した鬼又は、1人で梅津温泉旅館を訪れる。しかしそこに菊江の姿はなかった。夫の梅津によると、菊江は若い男からのストーカーに遭ってノイローゼになってしまったとのこと。その男の名は北川。20代にもかかわらず50歳近い妻がおり、さらにずっと年上の菊江に惚れ込み、ストーカーを続けているというのだ。その事実に驚く鬼又だが、一方で北川に対する好奇心を感じていた。そこで鬼又は、梅津の代わりに北川の妻が経営する熱海の喫茶店“セ・ラ・ヴィ”を訪れる。そこで北川自身から事の真相を聞かされる鬼又。そこには、宿業ともいえる異常性欲の世界にのめりこんだ男と女の凄まじい愛欲模様があった……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/05/29]

映画情報を3件更新しました。

[2020/05/08]

映画情報を3件更新しました。