日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年03月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

華鬼 第一部 華鬼×神無編
ハナオニダイイチブカキカンナヘン

作品名でWeb検索する

梨沙の人気PC小説『華鬼』を映画化。“鬼”と呼ばれる一族の運命的な愛を描く伝奇ラブ・ストーリー。監督は、「カラスコライダー」の寺内康太郎。出演は、「ビートロック☆ラブ」の荒木宏文、テレビ『炎神戦隊ゴーオンジャー』の逢沢りな、舞台『ミュージカル テニスの王子様』の細貝圭、「呪怨 黒い少女」の加護亜依。

スタッフ

原作
梨沙
主題曲/主題歌
#NAME?
監督
寺内康太郎
脚本
寺内康太郎佐上佳嗣古澤健
撮影
猪本雅三
録音
山本浩資宋晋瑞
美術
早川りゅうじ
音楽
窪田顕之
SFX/VFX/特撮
鹿角剛司
編集
福井鶴
殺陣
小原剛
製作担当
和田紳助
製作
内田耕一三宅容介大橋孝史橋本ひろし中野久堀勘四郎高桑秀治
エグゼクティブプロデューサー
河井真也男全修二
プロデューサー
今川大南條昭夫上野境介渡辺太紀乃板橋明久土田一登平松義行及川淳

ストーリー

「華鬼×神無編」鬼ヶ里には、“鬼”と呼ばれる一族が棲んでいた。鬼は人間より身体能力に優れ、平均で600歳まで生きる。女が生まれないため、女児を身ごもった妊婦を襲い、鬼の子を産むようにさせる。そして16年後、その女児を連れ去り、花嫁として迎え入れていた。彼らは、“鬼頭”という一族の頭である木籐華鬼(荒木宏文)によって率いられている。母子家庭で育てられた孤独な少女・朝霧神無(逢沢りな)は16歳の誕生日に、むりやり鬼ヶ里に連れて来られる。そして、生まれる前からの運命だったと告げられ、華鬼と結婚式を挙げさせられる。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: ステレオ

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。