日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

白夜(2009)
ビャクヤ

作品名でWeb検索する
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
84分  

別れた恋人を追って日本を飛び出してきた女と、海外を放浪していたバックパッカーの男がフランス・リヨンの橋の上で偶然出会い、急速に惹かれあっていく過程を描くラブ・ストーリー。監督は、「愛の予感」の小林政広。出演は、EXILEのパフォーマー・MAKIDAIこと眞木大輔、TVドラマ『BOSS』の吉瀬美智子。

スタッフ

監督
小林政広
企画
富田敏家
プロデューサー
富田敏家梅村安
エグゼクティブプロデューサー
丸茂日穂
Co.プロデューサー
吉村知己
共同プロデューサー
佐谷秀美
アソシエイト・プロデューサー
小林直子新妻貴弘
協力プロデューサー
高野竜平山本正典
ライン・プロデューサー
原田耕治Masa SAWADA
原作
小林政広
脚本
小林政広
撮影監督
伊藤潔
照明
木村匡博
制作担当
森満康巳
録音
吉田憲義
スタイリスト
宮田弘子
ヘアメイク
篠宮春美
編集
金子尚樹
音響効果
渋谷圭介
音楽
佐久間順平

ストーリー

前日までごく普通のOLだった相沢朋子(吉瀬美智子)は、親にも内緒で会社を辞め、フランス・リヨンにやってくる。当地に単身赴任している別れた恋人に、“橋の上で待っています。午後から、ずっと”と書いた手紙を送り、日本を飛び出してきたのだ。そして朋子は、リヨンの赤い橋の上で、午後12時からたたずんでいた。そこに、バックパッカーの木島立夫(眞木大輔)がやってくる。1年間、海外を放浪していて、明日発の日本行きのエアチケットと小銭しかもっていなかった立夫は、夜22時に出発するパリ行きの電車を待つ間、時間をつぶさなければならなかった。そこで、久しぶりに出会った日本人に懐かしさを覚え、朋子に声をかける。朋子の話を聞き、“その男は絶対に来ない”と言う立夫に、朋子は反発する。しかし、恋人に対する一方的な感情や、勢いだけでここまできてしまった自分のことを冷静に見つめ直し、立夫の考えを徐々に受け入れていく。そして、不器用ながらも自分のことを真剣に考えてくれる立夫の優しさに、次第に惹かれていく。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: DTS

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。