日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

希望ヶ丘夫婦戦争(2009)
キボウガオカフウフセンソウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2009年06月13日 
製作会社
エースデュース 
配給会社
バイオタイド 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
88分  

「無常」、「姑獲鳥の夏」などで知られる映画監督、実相寺昭雄の短編小説を映画化。平凡なサラリーマン家庭が、夫の不能をきっかけに崩壊していく様を、社会風刺を盛り込みつつ描く。出演は「刺青 匂ひ月のごとく」のさとう珠緒、「ラストゲーム 最後の早慶戦」の宮川一朗太。79年に日活ロマンポルノでも映画化されている。

スタッフ

原作
実相寺昭雄
企画
実相寺昭雄
原作
実相寺知佐子
企画
実相寺知佐子
監督
高橋巖
製作
小林洋一
プロデューサー
太田裕輝鈴木政信
脚本
松本恭佳
撮影
八巻恒存
照明
丸山文雄
録音
星一郎
整音
星一郎
美術
内田哲也
ヘアメイク
水野みゆき
衣装デザイン
川崎健二
音楽
松永宏紀
編集
矢船陽介
制作担当
高橋誠喜

ストーリー

東京都心から2時間ほどの平凡な住宅地、希望ヶ丘。ここに住む零細企業の宣伝マン、猫田千吉(宮川一朗太)と専業主婦の弘子(さとう珠緒)の夫妻は35年ローンで購入した家の支払いに追われ、節約の日々。ある日、千吉のED(=勃起不全)に悩む弘子は、風水好きの主婦仲間に夫婦生活の危機を指摘される。焦った弘子は、言われるままに風水にのめりこんでいく。一方、弘子の想いを知らない千吉は、近所の知り合いに誘われ、希望ヶ丘の夫たちが作った“男の自立の会”に入会。その実態は妻とのセックス拒絶を目指す男たちの集まりだったが、千吉には心安らぐ場となった。こうして、子供を欲しがる弘子とEDの千吉の溝はますます深まっていく。さらに、活気のない会社に嫌気が差す千吉だったが、社内で繰り広げられる専務と秘書の貞江の情事の盗撮を密かな楽しみにしていた。だが、ある日それがバレ、網走への異動を命じられてしまう。危機的な状況が、千吉と弘子に和解のきっかけをもたらす。弘子は風水をやめ、千吉はEDの治療へ行くことを決める。さらに弘子は、千吉に頼るばかりでなく、自分も仕事を始めようと動き出す。ちょうどその時、“男の自立の会”のメンバー、池山が究極のリアルドールを完成させる。それは、千吉の願望を反映し、貞江の姿を模したものだった。そのリアルドールの実験に臨む千吉。すると、弘子相手にはまったくダメだった男の機能が蘇ってくる。夢中でリアルドールを抱く千吉。だが、その光景を弘子が目撃してしまう。彼女は、リアルドールを人間の女性と勘違いして包丁で滅多突きにする。精神を崩壊させる弘子。やがて、正気を失った弘子を連れて、千吉は夕方になると毎日タンポポを摘みに行くようになる。子供のような弘子の姿に、千吉は胸が締め付けられるのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。