日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ガマの油
ガマノアブラ

作品名でWeb検索する
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
131分  

死と生の意味を、父親と息子の関係を通じて描くファンタジー・ロマン。「SAYURI」「バベル」などハリウッド映画でも活躍、日本を代表する俳優のひとりである役所広司にとって、本作が映画監督デビュー作となる。主演の役所広司のほか、「アヒルと鴨のコインロッカー」「余命1ヶ月の花嫁」の瑛太、「かもめ食堂」「めがね」の小林聡美、本作が俳優デビュー作となる格闘技選手の澤屋敷純一、モデル出身の二階堂ふみ、「阿修羅のごとく」「しゃべれども しゃべれども」の八千草薫などが出演。撮影監督を「トラブル・イン・マインド」「クッキー・フォーチューン」などハリウッドでも活躍する栗田豊通、音楽を国際的にも評価の高いタブラトゥーラが手掛けている。

スタッフ

製作
小西啓介高橋増夫橋荘一郎熊澤芳紀久松猛朗木村研二
プロデューサー
小西啓介原田雅弘
原案
役所広司中田琇子
脚本
うらら
音楽
タブラトゥーラ
キャラクター・デザイン
松田康史
撮影
栗田豊通
美術
稲垣尚夫
照明
鈴木秀幸
装飾
山田好男
録音
鶴巻仁
編集
上野聡一
スクリプター/記録
福田花子
音響効果
柴崎憲治
VFX
長谷川靖
衣装デザイン
宮本まさ江
ヘアメイク
葉山三紀子
キャスティング
空閑由美子
制作担当
横澤淳
監督
役所広司

ストーリー

1日の取引で数億円も稼いだり、損をしたりするデイトレーダーの矢沢拓郎(役所広司)。彼はプール付きの豪邸で、気立てのいい妻の輝美(小林聡美)と息子の拓也(瑛太)に囲まれ、何ひとつ不自由のない生活を楽しんでいた。しかし、悲劇は突然やってきた。拓也が自動車事故に遭って植物人間となってしまったのだ。いつも無邪気に感情を露にしている拓郎が、病院のベッドで眠る拓郎の前では、まったく無表情のままだった。悲嘆にくれる拓郎は、拓也の携帯電話に掛かってきた発信に思わず出てしまう。その相手は、拓也の恋人である光(二階堂ふみ)だった。拓也の現状を言い出しかねて、拓郎は拓也の振りをして光と会話した。祖母のちよ(八千草薫)と暮らす光は、すっかり拓郎を拓也と勘違いしてしまう。一方、少年院から出所した秋葉サブロー(澤屋敷純一)は、幼馴染みの拓也を頼って拓郎のもとを訪れた。そこでサブローが知ったのは、遂に死に至ってしまった拓郎の運命だった。その事実を光に伝えようとするサブローを止める拓郎は、二人で拓也の散骨のための旅に出る。拓郎には、遠い少年の日の思い出があった。それは、故郷で出会ったガマの油売り(益岡徹)の姿だった。どんな傷もたちまち治すのがガマの油ならば、いまの拓郎の心の空洞も埋めてくれるのだろうか?旅の途中で山に迷い込んだ拓郎たちは、野生の熊に出会う。逃れようとした拓郎は、谷に落ちて仮死状態に陥った。そこで拓郎は、拓也と再会する。幼い頃、両親と死に別れた拓郎だが、自分の息子とは再会することができた。仮死状態から甦った拓郎は、息子の死という悲しい事実をようやく受け入れる。そして、それを自分から光に伝えることを決意する。新たな一歩を踏み出した拓郎を、ガマの油売りはやさしく見守っていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: ドルビーSR

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。