日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

細菌列島
サイキンレットウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2009年04月04日 
製作会社
「細菌列島」製作委員会JRC.LLC〈ジョリー・ロジャー=CINV〉=MASATOMO DREAM) 
配給会社
ジョリー・ロジャー 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
82分  

“キタ国”からもたらされた、発症後の致死率100%の未知の細菌から息子を守るために立ち上がった、将軍様の息子の奮闘を描くコメディ。出演は、お笑いコンビ“大好物”の須藤謙太朗、「まぼろしの邪馬台国」の竹中直人、TV『木更津キャッツアイ』の嶋大輔。監督は、「ALLDAYS 二丁目の朝日」の村上賢司。

スタッフ

監督
村上賢司
脚本
継田淳
原作
司城志朗
主題曲/主題歌
原紗央莉
エンディングテーマ曲
Son Son
挿入歌
しょう
撮影監督
根岸憲一
録音
星一郎
美術
山田順啓
衣装デザイン
MASATOMO
編集
遊佐和寿
制作担当
高橋広正
エグゼクティブプロデューサー
大橋孝史
プロデューサー
川島正規

ストーリー

新潟のとある病院に、細菌に感染した1人の患者の絶叫が響きわたる。その患者は突然、“ふ、ふるしちょふ!”と叫ぶと同時に顔が爆発し、体液が蒸気のように噴出して死んでいった。死んだ患者の顔は丸々と膨れ上がり、髪は天然パーマのように逆立っている。その姿は、“キタ国”の将軍様(竹中直人)そっくりであった。その未知の細菌の潜伏期間は数時間から1日で、発病すると48時間以内にせん妄状態に陥り、ほぼ100%の確率で死に至る。将軍様の息子で後継者である月岡正一(須藤謙太朗)は日本に潜入し、側近・鬼木(嶋大輔)が献身的に支えてくれるのを無下にあしらいながら、一般市民としてひっそりと暮らしていた。しかし、別れた恋人で、細菌に感染した患者を救おうとする医師・水橋いずみ(三輪ひとみ)の息子・翔太が細菌に感染したことを知り、息子を救うために行動を起こす。だが、正一の命を狙うCIA諜報員・ボンザノ(パンツェッタ・ジローラモ)、オカマの防衛大臣・神山(大堀こういち)とオカマの刑事・室田(前田建)、細菌の感染元を謎の惑星“ステルス”だと断定する天文学者・柄本(伊藤幸純)、謎のヘルス嬢・イブ(原紗央莉)たちが正一の行く手を阻む。さらに、正一の隣に住む吉田(石野真子)も、極秘ミッションを抱えていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット:
  • サウンド: ステレオ

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/10/26]

映画情報を78件更新しました。

[2020/09/28]

映画情報を55件更新しました。

[2020/08/27]

映画情報を61件更新しました。