日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年01月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

今度の日曜日に
コンドノニチヨウビニ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2009年04月11日 
製作会社
 
配給会社
ディーライツ 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
105分  

韓国から留学している女子学生が、3つの仕事を掛け持ちして働く中年男と心を通わせていく人間ドラマ。監督・脚本は「ここに、幸あり」のけんもち聡。出演は「蝉しぐれ」の市川染五郎、日韓両国で活躍する歌手のユンナ、「20世紀少年」の竹中直人、TVドラマ「ヤ・ク・ソ・ク」のヤン・ジヌ、「バンジージャンプする」のチョン・ミソンなど。

スタッフ

監督
けんもち聡
脚本
けんもち聡
プロデューサー
小澤俊晴畑吉竹成植村真紀齋藤寛朗
企画協力
武藤起一
撮影
猪木雅三
照明
赤津淳一
録音
浦田和治
美術
野口隆二
スタイリスト
小里幸子
編集
李英美
製作担当
毛利達也
音楽
渡辺善太郎
主題曲/主題歌
ユンナ

ストーリー

ソウルに住む女子高生ソラ(ユンナ)は、日本の大学に留学する憧れの先輩ヒョンジュン(ヤン・ジヌ)からビデオレターの交換をしようとビデオカメラをもらう。再婚したいという母(チョン・ミソン)に素直になれないソラは、ヒョンジュンとビデオレターのやり取りをするうちに、彼の後を追って日本で映像の勉強をすることを決意する。長野の信州大学に入学したソラは、さっそくヒョンジュンのアパートを訪ねるが、彼のアルバイト仲間の大村(中村俊太)から、ヒョンジュンが家庭の事情で休学し、帰国していたことを聞かされる。やがて秋になり、日本の生活にいまだに馴染めないソラは、提出日が迫っている映像実習課題「興味の行方」の被写体すら決まっていなかった。教官の神藤(竹中直人)を通じてヒョンジュンが退学届けを出すために来日することを知ったソラは久しぶりに彼と再会するが、それは悲しい失恋に終わる。そんな中、ソラは大学のトイレでドジな用務員・松元(市川染五郎)を見かけ、その後、その冴えない中年男はピザの宅配人として彼女の前に現れる。そしてソラが次に松元を目撃した時、彼は新聞配達をしていた。3つの仕事を掛け持ちし、いつも居眠りばかりしているその謎の男に興味を覚えたソラは、彼を課題の被写体にしようと思いつく。渋る松元を何とか説得し、取材を重ねるうち、松元の事情が分かってきた。借金を抱え離婚して故郷に戻ってきたこと、借金返済と息子の養育費のためほとんど眠らずに働いていること、道端に落ちているガラスびんを拾ってきては丁寧に洗い収集していること…。そんなある日、離れて暮らす小学生の息子が松元を訪ねてくる。父子が交わすやりとりの中に、温かい家族の絆を感じたソラは、現状を打破すべく頑張っている松元を見直した。ソラの実習課題のタイトルは“びんとおじさん”に決定。松元はビデオカメラに向かい、集めたびんの1本、1本にまつわる思い出を語り出した……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /ヨーロピアン・ビスタ(1:1.66)
  • サウンド: ドルビーSR

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/01/27]

映画情報を39件更新しました。

[2021/12/22]

映画情報を25件更新しました。

[2021/11/29]

映画情報を41件更新しました。