日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ストーンエイジ
ストーンエイジ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2006年05月13日 
製作会社
「ストーンエイジ」製作委員会 
配給会社
「ストーンエイジ」製作委員会 
レイティング
一般映画  
英語名
Stone Age  
上映時間
109分  

元ひきこもりの主人公が、“石の声が聞こえる”というガン患者の青年と不思議な心の交流を重ねる。今を生きる若者に投げかけられるスピリチュアル・ヒーリングストーリー。監督は俳優としても活躍する白鳥哲。主演は「出口のない海」の黒田勇樹。共演に佐藤藍子、柴田理恵、など。

スタッフ

製作
鵜飼伸行杉山文彦藤井淳史
プロデューサー
前島良行中橋真紀人鶴岡大二郎
脚本
河田秀二
原作
白鳥哲
監督
白鳥哲
撮影監督
大久保礼司
助監督
猪腰弘之
音楽
南雲和春
整音
坂上賢治
録音
甲斐田哲也
美術
橋本尚子
装飾
櫻井啓介
編集
森隆倫
スタイリスト
小林佳苗
スクリプター
野村香里

出演者

ストーリー

古賀誠也(黒田勇樹)は、元ひきこもり。社会福祉士を目指しひきこもりの人たちが社会復帰するためのフリースペース「ひまわりの家」へスタッフとして参加することになった。そこで誠也は石の声が聞こえるという不思議な青年、田辺守(北村有起哉)と出会う。誠也は、守の暖かく魅力的な言葉に惹かれ始める。だが、突然の病魔が守を襲う。病名はガン。誠也のとった行動は、守のために“不思議な水”を病院へ運び、その水を飲ませること。そんな誠也の努力の甲斐あってか、回復の兆しを見せる守だった。しかし守の父、隆一が出張先の中国から帰国したことで、状況は変化する。誠也たちの考えを全く受け入れようとしない隆一は守を誠也たちから引き離してしまう。その後、守るのガンは悪化し、帰らぬ人となる。しかし葬儀の席上、隆一は誠也を見つけ、自分の誤解が誠也の真心を傷つけてしまったことを謝罪する。誠也は守の意志を継いで、宮古島へと旅に出る。そして守が夢見た風景に出会い、太古の石の声を受け取るのだった。広い海に囲まれて、誠也は何かをつかんだのかもしれない。数日たって、誠也はひまわりの家に戻ってくる。その後姿は守にそくっりになって……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: DTS

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/05/28]

映画情報を52件更新しました。