日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ピーナッツ
ピーナッツ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2006年01月28日 
製作会社
「ピーナッツ」製作委員会 
配給会社
コムストック 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
115分  

お笑いコンビ“ウッチャンナンチャン”の内村光良が初メガホンを握ったハートウォーミング野球ドラマ。出演は、さまぁ~ず(三村マサカズ、大竹一樹)、TIM(ゴルゴ松本、レッド吉田)、ふかわりょうらバラエティ番組『内村プロデュース』のレギュラー陣がそろった。

スタッフ

監督
内村光良
脚本
内村光良益子昌一
音楽
ロケットマン梅堀淳
主題歌
NO PLAN
製作
柵木秀夫長澤一史亀山慶二安永義郎工藤浩之白内寿一
企画プロデューサー
春名慶
プロデューサー
田村正裕古郡真也
協力プロデューサー
山本隆司
撮影
谷川創平
照明
木村伸
録音
内田誠
美術制作
津留啓亮
美術進行
大倉謙介
編集
田口拓也
VFXディレクター
山本雅之
VFXスーパーバイザー
稲葉貞則
サウンドデザイナー
藤村義孝
助監督
長瀬国博
製作担当
白石治

出演者

ストーリー

草野球チーム「富士沢ピーナッツ」で“伝説のサード”と呼ばれた男・秋吉(内村光良)が、久しぶりに地元へ戻ってきた。10年前に優勝した「ピーナッツ」を題材にしたエッセイ『たかが草野球』が評価を受けた彼は、東京でスポーツライターとして活躍していた。かつては甲州最強としてその名を轟かせた「ピーナッツ」だが、今は弱小チームとなっていた。今日の試合もグラウンドに現れたのは、酒店の店主・相良(三村マサカズ)を始め、レコード店の店長・宮本(ふかわりょう)、クリーニング店の似てない3兄弟・ハルオ、ナツオ、アキオの5人だけ。その頃、チームの監督で商店街の組合長でもある草野は、別の問題を抱えていた。商店街が再開発の候補地となり、商店街はもちろん思い出の野球場まで消えてしまいそうだったのだ。秋吉は「新生ピーナッツ」を立ち上げるべく、元チームメイトと再会する。幼稚園で保父をしながら入院中の妻を支えるスラッガーの赤岩(レッド吉田)。肩を壊したことを機に、ロシア人の妻と小料理屋を営んでいる豪速ピッチャーの一鉄(ゴルゴ松本)。借金の取立てから逃げ回り、パチンコでその日暮らしの生活をしている文野(大竹一樹)。10年前とは違い、さまざまな事情を抱えるチームメイトたちだったが、秋吉自身も執筆活動に対する情熱を失いかけていた。そんな矢先、監督の草野がメンバーたちに黙って友好試合の話を決めてきた。相手は社会人最強のチーム、東和ニュータウンズ。しかも商店街の再開発を計画している会社のチームだった。しかも、「ピーナッツ」が勝てば再開発の計画は即効中止。負ければ再開発に全面協力するという条件つきだった。監督の娘・みゆきも新メンバーとして加わり、「新生ピーナッツ」と東和ニュータウンズは激戦を繰り広げるが、からくも敗れる。しかし試合を通してメンバーは忘れかけていた情熱を取り戻し、それぞれの日常へ帰ってゆくのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: DTS

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。