日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

Believe A Film by KENICHI OGURI
ビリーブアフィルムバイケンイチオグリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
ドキュメンタリー 
公開年月日
2006年01月21日 
製作会社
able映画製作委員会 
配給会社
ableの会 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
109分  

撮影クルーを結成した9人の知的発達障がい者たちが、長野で開催されたスペシャルオリンピックス冬季世界大会の取材に挑むまでの道のりをとらえた長篇ドキュメンタリー。監督は「ホストタウン エイブル2」の小栗謙一。撮影を「地球交響曲 第五番 GAIA SYNPHONY V」の赤平勉と「ホストタウン エイブル2」のK.P.Marronが担当している。文化庁支援、文部科学省選定(青年・成人・家庭向き)作品。

スタッフ

監督
小栗謙一
製作
小栗謙一
製作総指揮
細川佳代子
製作代表
近衞甯子
アソシエイトプロデューサー
三井嬉子
撮影
赤平勉
録音
久保重朗
整音
高坂隆
音楽
小林研一郎
音楽スーパーバイザー
江崎友淑
スチール
角田孝司倉智成典
助監督
花井ひろみ

出演者

ストーリー

2005年、冬。長野で開催された“スペシャルオリンピックス冬季世界大会”に、知的発達障がいのある9人の“Believe撮影クルー”が参加した。クルーの撮影トレーニングは、大会の6ヶ月前に始まった。親元から離れての初めての合宿で、カメラ機材などの使い方やインタビューの練習。冬には、ワールドカップ・トップ10の経験者でもあるスノーボードの牛山奈穂美さんの協力で、雪上での実践練習も行った。200日もの時間をかけたトレーニングは、決して楽なものではなかったが、かと言って涙と根性のドラマ……と言う訳でもなかった。そして、いよいよオリンピック開幕。緊張から失敗もあったけれど、彼らは精一杯、アスリートたちの活躍をカメラに収め、小泉首相やKONISHIKIと言った著名人へのインタビューも立派に成功させる。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: DTS

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。