日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

シルバー假面 第2話「於母影(おもかげ)」
シルバーカメンダイニワオモカゲ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2006年12月23日 
製作会社
ジェネオンエンタテインメント 
配給会社
ユーロスペース 
レイティング
一般映画  
英語名
The Silver Mask  
上映時間
130分  

1971年にTV放映された特撮変身ヒーロー番組『シルバー仮面』が、舞台を現代から大正時代に移し、主人公も男性でなく日独ハーフ美女にリニューアルした三部構成もの。“総監修”と第1話の演出に、「姑獲鳥の夏」の実相寺昭雄。第2話、第3話は、実相寺組ゆかりの北浦嗣巳、服部光則がそれぞれ演出する。出演はファッションモデルのニーナ。

スタッフ

総監修
実相寺昭雄
製作
熊澤芳紀
製作協力
小林隆吉
企画
森遊机
総合プロデューサー
池谷仙克
企画協力
桜井浩子金田益実
プロデューサー
鈴木政信服部光則
原案
佐々木守実相寺昭雄
脚本
中野貴雄小林雄次
監督
北浦嗣巳
撮影監督
中堀正夫
撮影
藤井良久
照明
武山弘道
美術監督
池谷仙克
美術
黒瀧きみえ
音楽
冬木透
尺八音楽
山本邦山
録音
星一郎
編集
矢船陽介
特殊造型
原口智生
シルバー假面コスチューム制作
竹田団吾

出演者

ストーリー

1920年(大正9年)。スペイン風邪、シベリア出兵、過熱する労働争議、米騒動などで、帝都・東京は騒然としていた。そこに不可思議な美女連続殺人事件が起こる。被害者の死体には赤血球が存在せず、高濃度のガンマ電磁波を浴びた状態だったが、地球上の物理学ではそんなことは不可能だった。若きエリート軍人・本郷大尉は諜報機関からの密命を受け、探偵小説家志望の友人・平井太郎(のちの江戸川乱歩)と共に浅草のダンテ劇場に潜入する。そこでは、目にまばゆい光の中、カリガリ博士が部下の眠り男チェザーレを使って奇妙なアトラクションを行っていた。楽屋裏で見た謎の人影を追ううちに、本郷はザビーネ(ニーナ)という日独ハーフの美女と出会う。カリガリ博士に操られた邪悪なクモ型宇宙人が本郷に襲いかかったとき、ザビーネは銀色の超人・シルバー仮面に変身し、宇宙人を撃退した。連続殺人事件の犯人はカリガリ博士だったのだ。ドイツ人の女性エリスと文豪・森鴎外の間に生まれたザビーネは、まだ見ぬ父を探してはるばるドイツから日本へやってきたのだった。彼女が変身に使う<ニーベルンゲンの指輪>は、使い方を誤ると人類を壊滅させるほどの底知れぬ力を持つという。そしてザビーネには、母エリスと共に町から町へとさすらった悲しい少女時代があった。巨大な飛行船を操り、再び帝都を攪乱する神出鬼没のカリガリ博士。ザビーネの持つ銀の指輪と、もう一つの金の指輪の両方がカリガリの手に入ったとき、地球を取り巻く磁性体ミッドガルドの波動が変調をきたし、人類は滅びてしまう。カリガリ博士、その部下・チェザーレ、宇宙人、鋼鉄の女性型ロボット・マリアなど、不気味なキャラクターが跋扈する中、帝都・東京とドイツを舞台に、物語は、奇想とスリルに満ちて展開してゆく。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /DV /1:1.78
  • サウンド: ステレオ

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。