日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年01月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

極道の妻たち 死んで貰います
ゴクドウノオンナタチシンデモライマス

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1999年11月27日 
製作会社
TBS東映ビデオ高田事務所製作協力 東映京都撮影所) 
配給会社
東映ビデオ 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
107分  

跡目争いの陰謀に立ち向かう極妻の活躍を描いた、人気シリーズの通算第12作。監督は「極道の妻たち 赤い殺意」の関本郁夫。家田荘子による原作を基に、「極道の妻たち 決着」の高田宏治が脚本を執筆。撮影を「極道の妻たち 赤い殺意」の水巻祐介が担当している。主演は「EM EMBALMING」の高島礼子。スーパー16ミリからのブローアップ。

ストーリー

京都。拝島久仁子は、明治から続く西日本最大のヤクザ一家・館山組系列の拝島組の極妻として、服役中の夫・泰次に代わって組を取り仕切っていた。ある日、総長が急死。7代目名跡として、若頭の拝島を差し置いて若頭補佐の半沢が入れ札により跡目を襲名することが決定した。しかし、その入れ札に買収疑惑が持ち上がり、久仁子は秋の襲名披露までに不正を明らかにすべく調査に立ち上がった。そんな折、獄中の拝島が何者かに殺害される。しかも、その魔手は半沢までにも伸び、半沢の愛人で久仁子とも懇意だったクラブママの飛鳥が殺されてしまう。実は、全ては唐津組組長の唐津が、拝島組と半沢組を対立させ自分が総長になることを裏で描いていたのであった。それを知った久仁子は、それまで反目しあっていた半沢の妻・しのぶと手を結ぶと、ふたりで唐津組に潜入。唐津を討ち、極妻としてケジメをとる。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/01/27]

映画情報を39件更新しました。

[2021/12/22]

映画情報を25件更新しました。

[2021/11/29]

映画情報を41件更新しました。