日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

動絵狐狸達引
ウゴキエコリノタテヒキ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
アニメーション 
公開年月日
1933年12月31日 
製作会社
P・C・L漫画部 
配給会社
東和商事映画部 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
312m  

[解説・内容]P・C・L漫画部制作の傑作アニメと評価された。題名は歌舞伎調でエンド・マークも「終」ではなく「幕」である。唄われる唄は昭和6年頃に流行った「酒は涙か溜息か」で時代背景が推測できる。月夜の晩、荒れた古寺に一夜の宿を乞う武士。実は狐が化けたもの。古寺に親子の狸が住みついている。武士スタイルの狐と狸親子の化かし合いの対決。子狸が失敗ばかししでかして、親狸の危機。だが、子狸が狐をやっつけて父狸を救う。武士の狐がマシンガンを連射するギャグや、本堂の天井をクラゲのお化けの様な化物(狸)が飛び回る場面を俯瞰のアングルで描写したのは斬新で従来の日本のアニメには見られないアメリカナイズされた作品であった。太平洋戦争の犠牲となった多いし郁雄の最高傑作と言われる。

スタッフ

作画
大石郁雄市野正二藤田浩山口淳
録音
山口淳
音楽
杉井幸一

出演者

ストーリー

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/03/26]

映画情報を119件更新しました。

[2019/02/21]

映画情報を31件更新しました。