日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!! 悟空とベジータ
ドラゴンボールゼットフッカツノフージョンゴクウトベジータ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
アニメーション 
公開年月日
1995年03月04日 
製作会社
集英社フジテレビジョン東映動画作品企画*週刊少年ジャンプ) 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
51分  

死後の世界で大暴れするジャネンバと、孫悟空はじめおなじみのメンバーの戦いを描くシリーズ第15弾。“'95春東映アニメフェア”の一本で、劇場用オリジナル。監督は「DRAGON BALL Z 危険なふたり!超戦士はねむれない」の山内重保。

出演者

ストーリー

閻魔大王の城で働く赤鬼がちょっと仕事をサボってしまったために“スピリッツ・ロンダリング”が爆発し、悪い魂に汚染してしまった赤鬼はジャネンバに変身した。巨大なジャネンバの力に閻魔大王も太刀打ち出来ず、あの世で修行に励んでいる孫悟空とパイクーハンに助けを求めるのだが、二人のパワーをしてもジャネンバを倒すことは出来なかった。その頃、地上では死人が蘇るという事件が発生しており、孫悟天やトランクスらがその解決にあたっていた。だが、その死人の数たるや孫悟天らの手に負えるものではない。そこで、神龍にこの事件を治めてもらうように頼むのだが、神龍にはあの世の事件までは力が及ばないと断られてしまった。一方、超サイヤ人に変身した孫悟空は一旦はジャネンバを倒したかに見えたが、ジャネンバの体はみるみる再生していき凶悪な戦士に生まれ変わってしまう。しかし、そこへあの世の混乱で蘇った死んだはずのベジータが助けにやって来た。孫悟空とベジータは“フュージョン”というパワーでゴジータに変身し、ジャネンバを倒す。これにより地上での事件も落着し、世界に平和が戻るのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビスタ
  • サウンド: ドルビー

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。