日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

グーグーだって猫である
グーグーダッテネコデアル

作品名でWeb検索する

『綿の国星』などで知られる漫画家の大島弓子。彼女が飼い猫との生活を綴った同名漫画を、「ジョゼと虎と魚たち」の犬童一心監督が映画化。一匹の猫と飼い主の漫画家を中心に繰り広げられる人間模様を、暖かな雰囲気の中に描き出す。出演は「空中庭園」で数々の映画賞を受賞した小泉今日子、「スウィングガールズ」の上野樹里。

スタッフ

監督
犬童一心
エグゼクティブプロデューサー
豊島雅郎樫野孝人大澤善雄和崎信哉井上伸一郎御領博キム・ジュソン石井晃
プロデューサー
久保田修小川真司
共同プロデューサー
福島聡司谷島正之田中美幸
脚本
犬童一心
原作
大島弓子
撮影
蔦井孝洋
美術
磯田典宏
照明
疋田ヨシタケ
音楽
細野晴臣
音楽プロデューサー
安井輝
選曲
中西優一後藤宏行
録音
浦田和治
編集
洲崎千恵子
音響効果
岡瀬晶彦
衣装デザイン
宇都宮いく子山田由紀子
ヘアメイク
倉田明美
製作進行/プロダクション・マネージャー
樋勝享丸山由夏安岡歩
スクリプター/記録
天池芳美
スチール
前田昭二
エグゼクティブ・スーパーバイザー
角川歴彦
VE
さとうまなぶ
製作担当
田口雄介
装飾
西渕浩祐
特機
佐藤信一
スタイリスト
桧森美恵
特殊造形
松井祐一三好史洋佐伯佳世
2Dデジタル
吉澤一久内田剛史
3Dデジタル
武隈善子
タイミング
飯野浩
作画・漫画監修
秋本尚美
製作主任
相良晶片平大輔
製作アソシエイト
石原仁美鈴木崇史
脚本協力
渡辺千穂佐藤信介
主題歌・歌
小泉今日子細野晴臣
主題歌・作詞
犬童一心細野晴臣
主題歌・作曲
細野晴臣
主題歌・編曲
細野晴臣
オリジナルスコア制作・演奏
青柳拓次コシミハル高田漣といぼっくす鈴木惣一朗
挿入歌「アーユル・ヴェーダ」・歌
細野晴臣
挿入歌「アーユル・ヴェーダ」・作詞
細野晴臣
挿入歌「アーユル・ヴェーダ」・作曲
細野晴臣
挿入歌「アーユル・ヴェーダ」・編曲
細野晴臣
挿入歌「パノラマの丘」・歌
ハミングキッチン
挿入歌「パノラマの丘」・作詞
イシイモモコ
挿入歌「パノラマの丘」・作曲
眞中やす
挿入歌「パノラマの丘」・編曲
ハミングキッチン
挿入歌「Stand up!」・歌
中央特快
挿入歌「Stand up!」・作詞
丸谷学
挿入歌「Stand up!」・作曲
丸谷学
挿入歌「Stand up!」・編曲
丸谷学
挿入歌「貝殻」・歌
中央特快
挿入歌「貝殻」・作詞
松本悠司
挿入歌「貝殻」・作曲
松本悠司
挿入歌「貝殻」・編曲
丸谷学
挿入歌「フレンド」・歌
中央特快
挿入歌「フレンド」・作詞
溝下創
挿入歌「フレンド」・作曲
溝下創
挿入歌「フレンド」・編曲
丸谷学
劇中歌「ふしぎなぽけっと」・作詞
まどみちお
劇中歌「ふしぎなぽけっと」・作曲
渡辺茂
劇中歌「ペッパー警部」・作詞
阿久悠
劇中歌「ペッパー警部」・作曲
都倉俊一
劇中歌「浪漫飛行」・作詞
米米CLUB
劇中歌「浪漫飛行」・作曲
米米CLUB
劇中歌「アメリカ国歌」・作曲
ジョン・スタンフォード・スミス
劇中音楽「お猿さんマーチ」・歌
森敬根岸宏和
劇中音楽「お猿さんマーチ」・作詞
犬童一心
劇中音楽「お猿さんマーチ」・作曲
森敬
劇中音楽「お猿さんマーチ」・編曲
森敬
劇中音楽「CROSS ROAD BLUES」・歌
葉山たけし
劇中音楽「CROSS ROAD BLUES」・作詞
ロバート・ジョンソン
劇中音楽「CROSS ROAD BLUES」・作曲
ロバート・ジョンソン
劇中音楽「CROSS ROAD BLUES」・編曲
葉山たけし
振り付け
香瑠鼓
色彩設計/色指定
水上雅仁

ストーリー

吉祥寺に住む天才漫画家の小島麻子(小泉今日子)。締め切りに追われ、徹夜で漫画を描き上げた翌朝、長年連れ添った愛猫のサバが亡くなる。サバを失った悲しみは大きく、麻子は漫画を描けなくなってしまう。そんな彼女を心配するアシスタントたち。ある日、麻子はペットショップで一匹の小さなアメリカンショートヘアーと出会う。彼女はその猫を連れ帰り、グーグーと名づける。これをきっかけに状況が好転。グーグーはアシスタント達にも可愛がられ、麻子に元気な表情が戻ってくる。そんなある日、避妊手術に連れて行く途中でグーグーが逃げ出してしまう。必死で探す麻子の前にグーグーを連れて現れたのは沢村青自(加瀬亮)。彼の姿に思わず見とれてしまった麻子は、今まで忘れていた気持ちを蘇らせる。後日、ナオミの彼氏マモル(林直次郎)のライブにアシスタント達と出かけた麻子は、そこで青自と再会。ライブ後の打ち上げで、気を利かせたナオミは麻子と青自を二人きりにする。青自の視線に心をときめかせながら話をする麻子。二人は徐々に距離を縮めていく。これをきっかけに青自は麻子の家を訪れるようになる。カメラを片手にグーグーを追いかける麻子と青自。幸せな日々が続く中、新作のアイデアを思いつき、麻子は半年振りにペンを取る。生き生きとした表情で語る彼女の姿に、ナオミも喜びの表情を隠せなかった。グーグーが来てからすべてが順調に回りだしていた。だがある時、新作の取材中に麻子が突然倒れる。病院に運ばれ事なきを得るが、数日後、麻子はナオミの家を訪れグーグーを預かってほしいと頼む。二つ返事でOKするナオミに、麻子は衝撃の告白をする。彼女は卵巣ガンを患っていたのだった……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: ドルビーSR

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。