日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

山桜

作品名でWeb検索する
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
99分  

二度目の嫁ぎ先で苦労する女と困窮する農民のために我が身を犠牲にしようとする男の運命を描いた時代劇。監督は「地下鉄(メトロ)に乗って」の篠原哲雄。原作は藤沢周平の同名小説。出演は「夕凪の街 桜の国」の田中麗奈、「MAKOTO」の東山紀之、「明日への遺言」の富司純子ほか。

スタッフ

監督
篠原哲雄
企画
小滝祥平梅澤道彦河野聡鈴木尚
製作
川城和実遠谷信幸遠藤義明亀山慶二
脚本
飯田健三郎長谷川康夫
原作
藤沢周平
撮影
喜久村徳章
美術
金田克美
照明
長田達也
音楽
四家卯大
主題歌
一青窈
録音
武進
編集
奥原好幸
装飾
大坂和美

ストーリー

江戸後期。北の小国、海坂の地。野江(田中麗奈)は若くして最初の夫に病で先立たれ、その後磯村家に嫁いだものの、夫(千葉哲也)と舅(高橋長英)は武士でありながら蓄財に執着し、姑(長島暎子)からは出戻りの嫁と蔑まれる日々を過ごしていた。二度の失敗は許されないと心に言い聞かせ、野江は嫁として懸命に耐え続けていた。叔母の墓参りの帰り、山道で薄紅色の花をつけた一本の山桜に出会う野江。その美しさに思わず手を伸ばすがなかなか花に届かない野江に、一人の武士が声をかける。男は、野江が磯村に嫁ぐ前、縁談を申し込んできた手塚弥一郎(東山紀之)だった。密かに見初めてくれていたとの話だったが、野江は母一人子一人の家と聞き、会うこともなく断ってしまっていた。今は幸せか、案じていたと告げ、弥一郎はその場を去る。それは、山桜に引き寄せられたかのような、ただ一度きりの偶然の出会いだった。どこかで自分のことをずっと気遣ってくれている人がいると思えるだけで胸の中にぬくもりが広がり、野江は励まされた。それから半年後、弥一郎は城中で藩の重臣である諏訪平右衛門(村井国夫)を斬った。飢饉が続き困窮する農民を虐げ私服を肥やす諏訪に対し、これまで藩内に声を上げる者はなかった。そんな中、弥一郎は我が身を犠牲にして刃を振るったのだった。弥一郎を侮蔑し嘲弄する夫に逆上した野江は、思わず手にした夫の羽織を打ち捨てたことで、離縁を言い渡される。弥一郎には即刻切腹の沙汰が下ると思われたが、擁護する声も強く、藩主が江戸から帰国する春まで裁断を待つこととなった。野江は獄中の弥一郎の身を案ずる。再び春になり、野江は山桜の枝を手に手塚の家を訪れる。息子を待ち続ける弥一郎の母(富司純子)に迎えられた野江は、彼女から予想もしなかった言葉をかけられる。それは、野江の心を溶かすものだった……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット:
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/09/26]

映画情報を53件更新しました。