日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

パーク アンド ラブホテル
パークアンドラブホテル

作品名でWeb検索する
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
111分  

屋上に公園を設置する一風変わったラブホテルに集う、様々な事情を抱えた女性たちとオーナーである初老の女性の交流を描いたファンタジックな雰囲気漂う物語。短編映画「珈琲とミルク」が内外の映画祭で評価された熊坂出監督の長編デビュー作。主演は「蟲師」のりりィ。共演にちはる、神農幸など。

スタッフ

監督
熊坂出
製作
矢内廣加藤嘉一高野力林瑞峰千葉龍平武内英人
プロデューサー
天野真弓
脚本
熊坂出
撮影
袴田竜太郎
美術
松塚隆史
照明
舘野秀樹
音楽
日比谷カタン
中ムラサトコ
録音
加藤大和
編集
普嶋信一
音響効果
勝亦さくら
脚本協力
渡邊純也
タイミング
上野芳弘
オプチカル
金子鉄男山岸江美
制作主任
荻野一二三

ストーリー

バックパックを背負い、髪を銀色に染めた少女、美香(梶原ひかり)はポラロイドカメラで目につくものを撮影しながら街を彷徨っていた。見知らぬ街角に建つ少しくたびれたラブホテルのそばを通りかかると、彼女は老人や子供たちが次々とホテルに入っていく不思議な光景に遭遇、彼らの後に続いてラブホテルに入っていく。驚いたことにその屋上で彼女が目にしたのは、滑り台やブランコ、そしてベンチ。ラブホテルの屋上は人々が思い思いに自由な時間を過ごす公園だった。そこで出会ったのは、とっつきにくく無愛想な初老のラブホテルのオーナーの艶子(りりィ)。艶子は、家出をして行き場のない美香を見かねてその夜の寝床を提供。美香は艶子に何かと生意気な口をきくが、艶子は彼女が心に深い孤独を抱えていることを見抜く。艶子は毎朝、ホテルの前の道を丁寧に掃くのが日課。そのたびに、ウォーキングしながら通り過ぎる若い女性と「おはようございます」と挨拶を交わす。そんな朝が16年間続いていた。だがある日突然、月(ちはる)と名乗るその女性が「ここで働かせてください」と艶子に頼んでくる。月にもまた何か人に言えない事情がありそうだった。ラブホテルの常連マリカ(神農幸)は、金属製のアタッシュケースを手に毎回別の男とホテルにやってくる変わった女だった。彼女はフロントで艶子に威張り散らしていたが、偶然にも艶子の“ある秘密”を知ってしまう。艶子の秘密と引換えに自分の“秘密”を艶子に伝えようとするマリカ。それぞれの胸の内に深い孤独と絶望感を秘めた女たちと、それらを優しく包み込む艶子の存在。互いの心が鏡のように共鳴しあい、やがてラブホテルの屋上の小さな公園から人生を肯定する喜びが溢れ出すのだった……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット:
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。