日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

映画ドラえもん のび太のワンニャン時空伝
エイガドラエモンノビタノワンニャンジクウデン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
アニメーション 
公開年月日
2004年03月06日 
製作会社
シンエイ動画小学館tv asahi 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
84分  

3億年前の地球に栄えた犬と猫の国を舞台に、ドラえもんとのび太、そしてその仲間たちが繰り広げる冒険を描いた長篇アニメーションのシリーズ第25作。監督は「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の芝山努。藤子・F・不二雄による原作キャラクターを基に、「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の岸間信明が脚本を執筆。撮影監督に「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン」の熊谷正弘があたっている。声の出演に、「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」の大山のぶ代と「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の小原乃梨子、「劇場版 ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ」の林原めぐみ、「DOG STAR」の泉谷しげるら。尚、本作は「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン タコDEポン! アシHAポン!」と同時公開された。

スタッフ

チーフプロデューサー
山田俊秀木村純一
プロデューサー
小倉久美大澤正享濱田千佳太田賢司
監督
芝山努
演出
渡辺歩
総作画監督
渡辺歩
作画監督
加来哲郎金子志津枝
演出
藤森雅也
作画監督
関根昌之
原作
藤子・F・不二雄
脚本
岸間信明
撮影監督
熊谷正弘
美術監督
清水としゆき
美術設定
沼井信朗
編集
岡安肇
音楽
堀井勝美
録音監督
浦上靖夫

ストーリー

川で溺れかけていた仔犬のイチを助けたのび太は、人間に捨てられた犬や猫が安心して暮らせる世界を求めて、ドラえもんの機械を拝借して3億年前の地球に彼らの楽園を作ってやる。ところが翌日、ドラえもんたちとイチに会いに行く途中、時空のねじれに巻き込まれ、昨日から千年後の時代に到着してしまった。そこで彼らが見たものは、極度に発展を遂げた“ワンニャン国”。そして、イチにそっくりなハチと言う犬の少年とその仲間に出会ったのび太は、科学者である彼らの両親が大金持ちのネコジャラが経営するアミューズメント・パーク“ネコジャーランド”で行方不明になっていることを聞かされ、彼らと共にネコジャーランドの地下施設に潜入する。そんな矢先、隕石群が飛来。町を破壊した。なんと、地球は36時間後に巨大隕石の落下で全ての動植物が死滅してしまう運命にあったのだ!事態を予見していた政府は、住民に避難勧告を発令し、宇宙船で他の惑星への移住を始めようとするが、ネコジャラはその動力源となる“ノラジウム”を奪い、イチたちの両親に開発させていたタイムマシンで21世紀の地球へ行き、人間社会を支配しようとしていた。それを知ったドラえもんたちは、実は千年前の世界からのび太に会おうとタイムマシンに乗ったものの、時空のねじれに巻き込まれ記憶を失っていたイチ=ハチと共に力を合わせてネコジャラの計画を阻止すると、イチたちが無事旅立ったのを見送り、自分たちも21世紀の地球へと帰っていくのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: ドルビーデジタル(ドルビーSRD)

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/06/25]

映画情報を48件更新しました。

[2019/05/22]

映画情報を53件更新しました。