日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

極道の妻たち 決着
ゴクドウノツマタチケジメ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1998年01月17日 
製作会社
東映京都撮影所作品 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
116分  

夫を罠にはめ、暴利を貪る傘下の悪徳ヤクザに闘いを挑む、極妻の活躍を描いた人気シリーズの第10弾にして最終作。監督は「極道の妻たち危険な賭け」の中島貞夫。脚本は「まむしの兄弟」の高田宏治。撮影を「鉄と鉛 STEEL&LEAD」の仙元誠三が担当している。主演は「瀬戸内ムーンライト・セレナーデ」の岩下志麻。

スタッフ

企画
日下部五朗
プロデューサー
小柳憲子
監督
中島貞夫
原作
家田荘子
脚本
高田宏治
撮影
仙元誠三
照明
安藤清人
美術
松宮敏之
編集
荒木健夫
音楽
栗山和樹
録音
左俣マイク
主題歌
和田アキ子
助監督
藤原敏之
スチール
大木茂
進行主任
佐藤鋼太

ストーリー

大阪南部を縄張りにしたヤクザ組織・井出組の傘下の秋葉組組長・秋葉吟二が、何者かによって殺された。三ヶ月前、リゾートホテル建設という大事業に手を出していた秋葉は、取引先の信用金庫のトラブルから融資を打ち切られ、苦しい状況にあった。しかし、信用金庫の理事長が50億もの隠し財産があるという情報を秘かに掴んだ彼は、それをネタに一発逆転を狙っていた。彼が殺されたのは、そんな矢先の出来事だった--。秋葉を殺した犯人・玉城が捕まり、彼が秋葉殺しを指示したのが井出組長だと自供した為に、井出が逮捕された。秋葉を我が子のように思っていた井出が、秋葉を殺める筈がない。井出の妻・春日は、夫の汚名を晴らす為、そして秋葉を弔う為に、秋葉の妻・杏子や傘下・番水組組長の妻・彩子たちの協力を得て、事件の真相を暴こうと調査を開始する。そんな折、杏子に恩義のある賭博師・東造が、事件解明の鍵を握ってやってきた。黒幕は傘下の名腰組組長・名腰兼良だった。信用金庫から50億の金を奪う秋葉の計画を事前に知った名腰は、その金を横領しようと秋葉を殺害、井出を罠にはめたのだ。そして、彼はまんまと50億を手中に収めていた。これを知った春日をはじめとする極妻たちは激怒。独立をも企んでいた名腰にけじめをとらせる為、組長の出所祝いと称した賭場で金を奪回。名腰の命を奪い、謀反に決着をつけるのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: ドルビー

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/06/28]

映画情報を40件更新しました。

[2021/05/28]

映画情報を52件更新しました。