日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

野獣の肖像
ヤジュウノショウゾウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1998年05月09日 
製作会社
日活作品製作協力*Gカンパニー) 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
90分  

人斬り鬼と呼ばれるやくざと、その生き様を追いかける女性TVカメラマンの人間ドラマ。監督は「野獣死すべし 復讐篇」の廣西眞人。脚本は「それいけ!アンパンマン 虹のピラミッド」の米村正二。撮影は「アンラッキー・モンキー」の栗山修司が担当した。主演は「実録・新宿の顔/新宿愚連隊」の的場浩司と「今日から俺は!」の細川直美。

スタッフ

企画
吉田達
プロデューサー
明石渉
監督
廣西眞人
脚本
米村正二
撮影
栗山修司
照明
椎原教貴
美術
山本信毅
編集
菊池純一
録音
山田均
助監督
松谷卓也
製作担当
大堀誠
キャスティング
宮下博
スクリプター
内田絢子

ストーリー

人斬り鬼と呼ばれ、恐れられているやくざの鬼塚は、ある夜、斬りかかってきた敵対組織の組員を逆に刺し殺してしまう。その決定的瞬間を偶然スクープした新人女性TVカメラマン・純は一躍有名になるが、その映像のために鬼塚は刑務所送りになる。五年後、出所した鬼塚を待っていたのは、かつての敵対組織と合併した自分の組であった。そして敵対組織の幹部だった金田も、今や身内となり幅を利かせていた。もはや鬼塚の居場所はどこにもなくなっていた。一方、五年前のスクープによって売れっ子ディレクターとなった純は、鬼塚に会って謝罪するが、鬼塚はとりあわなかった。純は鬼塚と会っているうちに、孤立して生きる鬼塚のドキュメンタリーを作ることを思いつき、その日から鬼塚をカメラで追いかける。その頃、鬼塚に恨みを持つ金田は、鬼塚を組から破門したり、鬼塚の妻・友子に嫌がらせをしたりと、執拗に追いつめていた。そしてその魔手が純にまで及ぶと、鬼塚の怒りは頂点に達した。ひとり敵地に乗り込んだ鬼塚は、純の目の前で金田を刺し殺す。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/05/28]

映画情報を52件更新しました。