日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年1月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

SPRIGGAN スプリガン
スプリガン

作品名でWeb検索する
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
90分  

トルコの山奥で発見されたノアの方舟をめぐって、アーカムと呼ばれる組織の工作員・スプリガンたちとペンタゴンの壮絶な戦いを活写したジャパニメーション。監督は本作でデビューを果たした川崎博嗣。脚本は、たかしげ宙と皆川亮二による同名原作を基に、川崎自身が執筆。撮影を「劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」の白井久男が担当している。また総監修に「MEMORIES」の大友克洋があたっている。声の出演に森久保祥太郎。

スタッフ

プロデューサー
田中栄子
監督
川崎博嗣
総監修
大友克洋
構成
大友克洋
演出
須藤典彦
作画監督
江口寿史
原作
たかしげ宙皆川亮二
脚本
川崎博嗣
脚色
伊藤康隆
キャラクターデザイン
江口寿史
撮影監督
白井久男
美術監督
小関睦夫
編集
瀬山武司
音響監督
鶴岡陽太
音楽
蓜島邦明
主題歌
Saju
設定
末武康光
色彩設計
秋山久美
CGI
斉藤亜規子

出演者

ストーリー

トルコのアララト山でノアの方舟が発見された。その半年後、世界に散見する超古代文明を封印することを目的に活動する組織アーカムの工作員”スプリガン”のナンバー1・御神苗優は、何者かからの謎の脅迫状と共にプラスティック爆弾を受け取る。辛くも難を逃れた彼は、アーカムの日本支部でノアの方舟発掘現場で惨殺されたアーカムの隊員の写真に、「御神苗優、次はお前の番だ」というメッセージを発見。日本支部の制止を振り切って、トルコへ飛ぶことを決意するのだった。トルコ到着早々、敵の手厚い歓迎を受けた優は、大立ち回りを展開。執拗な攻撃を交わして、漸くアララト山奥地のアーカム調査基地に到着する。そこで優は、懇意にしているメイゼル博士とマーガレット助手に再会するが、またしても敵の襲撃に見舞われてしまうのであった。その敵とは、アメリカ国防総省、いわゆるペンタゴンだった。ペンタゴンは、ノアの方舟の秘密を手に入れるべく、殺人マシーンのファットマンやリトルボーイらが率いるサイボーグ部隊を次々に送り込んできた。優の命を狙っていたのも、彼らに違いない。何故なら、優はかつてサイボーグ部隊から脱走した過去があったのだ。優は、メイゼル博士が開発した精神感応金属オリハルコンと人工筋肉を組み合わせたアーマード・マッスル・スーツを装着して、ファットマンやリトルボーイたちと激戦を繰り広げ、もうひとりのスプリガン、ジャン・ジャックモンドと共に基地を守ることに成功する。ところが更にペンタゴンから送られてきたマクドガル大佐の超能力の前には歯が立たず、メイゼル博士とマーガレット助手を誘拐されてしまう。ふたりを拉致したマクドガルは、ノアの方舟の内部に侵入すると、そこでペンタゴンに反旗を翻し、実は生命創成装置であったノアの方舟を使って、新しい世界、新しい生物を誕生させようと企むのであった。そして、それに邪魔になる腐りきった人類を壊滅すべく天変地異を発生させる。しかし、そこへ3人の後を追って優が現れた。優は神になろうとしたマクドガルの悪魔の計画を阻止しようと、果敢にも戦いを挑んでいく。そして壮絶な戦いの末マクドガルを倒し、ノアの暴走を食い止めることに成功するのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビスタ
  • サウンド: DTS

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/01/30]

映画情報を19件更新しました。

[2018/12/25]

映画情報を18件更新しました。