日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

MIND GAME(1998)
マインドゲーム

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1998年04月04日 
製作会社
大映ホリプロフジテレビジョン作品 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
108分  

多重人格者の青年に翻弄される、ふたりの若き精神科医の心の葛藤を描いたサイコ・ミステリー。監督は、「Shall we ダンス?」などでお馴染みの俳優・田口浩正で、これが監督デビュー作。脚本は大久保智康と田口の共同。撮影を北信康が担当している。主演は「四月物語」の田辺誠一と「Birthday PRESENT」の柏原崇、「Lie lie Lie」の鈴木保奈美。第10回東京国際映画祭ヤングシネマ・コンペティション正式出品作品。

スタッフ

エクゼクティブ・プロデューサー
小野克己宅間秋史
プロデューサー
和泉吉秋鈴木俊明臼井裕詞
製作
加藤博之
企画
小田信吾久坂順一朗
監督
田口浩正
脚本
田口浩正大久保智康
撮影
北信康
照明
中須岳士
美術
丸山裕司
編集
菊池純一
音楽
東京メンズシャンソンズ(奥野敦士、片桐久尚)
録音
井家眞紀夫
監督補
七里圭
製作担当
遠藤聖一
スクリプター
吉田久美子

ストーリー

大学病院の精神科医・片山は、ある日、大学の心理学部の研究員で彼の恋人でもある三鈴かおりが開く箱庭療法のサークルに招かれる。そこで、田所という奇妙な青年に興味を持った彼は、自閉症気味で気弱な田所の裏側に、多重人格の症状を見抜きカウンセリングを申し出るが、果たして田所は片山の思った通り重度の多重人格者であった。ところが、片山が催眠療法で呼び出した田所の一人格・田山は、凶暴な性格の上、鋭い洞察力を持っており、彼によって自らの心に封印した筈の傷を見抜かれた片山は、逆に翻弄されてしまう。片山の心の傷、それは幼い時に母親がトラックに轢かれるのを目の当たりにしたことだった。カウンセリングをするつもりが、逆に心をかき乱されたことで、セラピストとしての自信をなくす片山。そんな時、かおりが田所のカウンセリングに乗り出した。しかし、まだ経験の浅いかおりにとって、田山は危険過ぎた。果たして、田山によって催眠をかけられ、かおりは人格を破壊されてしまう。かおりと田所、そして自らを救う為、片山は田山の人格を消し去ることを決心する。そこで、田所の生家を訪ねた片山は、彼の不幸な生い立ちを知る。田所は、生まれてすぐに母親を亡くしていたが、そのことを実父になじられ、心に傷を負っていたのだ。しかも、父親は幼い彼の目の前で命を落としていた。田所が多重人格になった原因を突き止めた片山は、自分の心の傷を克服すると、田山と対峙。見事、田山の人格を消し去り、田所を助けてやることに成功する。こうして田所の病気は治り、かおりも人格を取り戻し、全ては解決したかのように見えたが、ひとりで箱庭を作るかおりの目だけはどこか虚ろだった…。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/05/28]

映画情報を52件更新しました。