日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年11月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

シャ乱Qの演歌の花道
シャランキューノエンカノハナミチ

作品名でWeb検索する
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
92分  

色と欲に目がくらんで演歌の道に入ったロック・ヴォーカリストの男が繰り広げるハチャメチャな騒動を描いたナンセンス・コメディ。人気ロック・グループ“シャ乱Q”のヴォーカリスト・つんくが主役をつとめ、ほかのメンバーも総出演している。つんくのライバルとなる演歌歌手には、こちらもロック・ミュージシャン出身の陣内孝則がふんした。監督は「熱帯楽園倶楽部」の滝田洋二郎。「とられてたまるか!?」の斉藤ひろしによる原案をもとに、斉藤と「7月7日、晴れ」の戸田山雅司が共同で脚本を執筆。撮影を「いちご同盟」の栢野直樹が担当している。

スタッフ

企画
重村一
出演
久板順一朗山崎直樹
製作総指揮
松下千秋
出演
佐藤信彦
プロデューサー
宅間秋史小林壽夫宮澤徹
ラインプロデューサー
渡井敏久
アーティストマネージメント
和田薫益田竜児
原案
斉藤ひろし
脚本
斉藤ひろし
出演
戸田山雅司
音楽
シャ乱Q谷川賢作
主題歌
シャ乱Q「パワーソング」
挿入歌
つんく「虹色橋」陣内孝則「男の人生」尾藤イサオ「しんぼう峠」
監督
滝田洋二郎
撮影
栢野直樹
照明
長田達也
美術
部谷京子
装飾
柴田博英
録音
柿澤潔
整音
小野寺修
編集
冨田功

ストーリー

売れないロック・バンドのヴォーカリスト・天草乱之介に、突然歌手デビューの話が舞い込んだ。バンドのメンバーをあっさりと捨てて乱之介は単身上京したが、事務所は掘っ建て小屋の超弱小プロダクションで、しかも、女社長の小池は彼に演歌を歌えと言う。やる気をなくした乱之介だったが、弟子入りさせられた演歌界のドン・鳴門大輔の娘・珠美に一目惚れして、演歌の道に進むことを誓った。鳴門の弟子の人気演歌歌手・黒井ひでとの付き人となった乱之介は、やることなすことドジばかりで早々に破門されてしまう。その翌日から事務所の先輩の岬一郎とのドサ回りの日々が始まったが、そんな乱之介にテレビ出演の話がきた。チャンスをつかむとばかりに乱之介はテレビ局に乗り込むが、黒井の嫌がらせで顔に放送禁止の落書きをされてしまい、急場しのぎにプロレスのマスクを被って登場する。しかし、口からでまかせの苦労話が意外にも受けて、覆面太郎と名乗った彼のデビュー曲「虹色橋」は空前の大ヒットを記録した。突然の大ブレイクに有頂天の乱之介は、珠美が覆面太郎のファンだと知って、日本音楽大賞を狙うことを決意する。大賞発表の日、乱之介は会場に来てくれるはずの珠美がアメリカへクラシック音楽の勉強に旅立つという知らせを聞いて、大賞よりも愛を選ぶとばかりに港へ駆けつけた。しかし、珠美は鳴門の門下生の羽生とともに船に乗り込もうとしている。失意の乱之介は、やっぱり演歌だと急いで会場に戻るが、大賞は乱之介の曲を譲り受けた岬一郎の頭上に輝いた。さらに落ち込む乱之介は、「ロックがハートなら、演歌は心だ」との黒井の言葉に励まされ、ロック・バンド“シャ乱Q”を結成。再び、人気を勝ち取った。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: ドルビーSR

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/11/27]

映画情報を72件更新しました。

[2020/10/26]

映画情報を78件更新しました。