日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

会いたくて 愛の殺人者
アイタクテアイノサツジンシャ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1997年10月18日 
製作会社
ティアーズ音楽事務所作品企画・製作協力 ラインコミュニケーションズ) 
配給会社
東映ビデオ 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
88分  

過去を失った青年の周りで起こる猟奇殺人と、その謎を巡って展開する愛憎劇を描いたサイコ・スリラー。監督は「ふうせん2」の井上眞介。脚本は井上と土佐間暢大の共同。撮影を「DOOR III」の芋野昇が担当している。主演はビジュアル系ロックグループ“PENICILLIN”のベーシストGISHOと、「BUGS」の高橋かおり。スーパー16ミリからのブローアップ。

スタッフ

監督
井上眞介
製作
藤原靖弘
企画
藤中秀紀
プロデューサー
瀬戸恒雄山地昇
脚本
井上眞介土佐間暢大
撮影
芋野昇
照明
原春男
編集
菊池純一
録音
沼田和夫
美術
西村徹
スタイリスト
米村弘光小島典子
スチール
西本敦夫
助監督
吉野晴亮
GISHO「会いたくて」
スクリプター
菅正子

ストーリー

横浜で、若い女性の全裸死体が発見された。被害者の友人で図書館に勤務する裕子は、彼女があるアマチュア・ロックバンドのヴォーカリスト・純と交際していたことを知り、彼に接近する。2年前のバイク事故から奇跡的に生還していた純は、今もその後遺症に悩まされ、薬を手放せないでいた。そんな彼の周りで、またしても殺人事件が起きる。被害者は、彼がバイトでアダルトビデオに出演した時のAV女優とロックバンドの仲間だった。裕子は純が犯人ではないかと疑い始める。純の同棲相手である足の不自由な文と知り合った裕子は、彼が事故以来、多重人格症状になっているという話を聞かされ、益々その疑念を強くした。だが、真犯人は文だったのである。彼女は、純の愛を独り占めしたいがために、彼に近づく人間を殺害していたのだ。そして、その刃が裕子にも向けられる。一方、純は文の部屋で失われた記憶を取り戻していた。文は、2年前の事故の時に一緒に入院していた“青年”だったのである。そのことに気づいた純は裕子を助けるために文と対決し、裕子の協力を得て倒した。しばらくしてメジャー・デビューを果たした純は、裕子との新しい人生をスタートさせる。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/09/27]

映画情報を27件更新しました。

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。