日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

黒い下着の女 雷魚
クロイシタギノオンナライギョ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1997年05月31日 
製作会社
国映新東宝映画作品 
配給会社
国映新東宝 
レイティング
R指定  
英語名
 
上映時間
75分  

それぞれに暗い過去を背負い、生きながら死んでいるかのような人生を送っている男女がたどる苛酷な運命を描いた愛憎ドラマ。監督は「KOKKURI こっくりさん」の瀬々敬久。脚本は「KOKKURI こっくりさん」の井土紀州と瀬々の共同。撮影を「禁じられた情事 不倫妻太股びらき」の斉藤幸一が担当している。主演は新人の佐倉萌と、「赤い犯行 夢の後始末」の伊藤猛。R指定。

スタッフ

監督
瀬々敬久
原案
瀬々敬久
企画
朝倉大介衣川仲人
プロデューサー
福原彰
脚本
井土紀州瀬々敬久
撮影
斉藤幸一
編集
酒井正次
録音
シネキャビン
美術協力
安宅紀史丹治拓実
音楽
安川午朗
スチール
佐藤初太郎本田あきら
助監督
坂本礼

ストーリー

昭和63年3月、人妻の紀子は、椎間板ヘルニアと慢性膵炎で入院中の病院から抜け出し、不倫相手の田辺が住む利根川沿いのある地方都市へ出かけた。ところが、田辺と会うことができなかった紀子は、テレクラに電話をかけ、そこで知り合った裕幸とモーテルで肌を重ねる。ところが、紀子はふとした感情から彼を刺し殺してしまった。数日後、紀子は容疑者として警察から事情聴取を受けることになったが、裕幸と寄ったガソリンスタンドの店員・和昭が嘘の証言をしてくれたおかげで解放される。その帰り道、紀子は和昭に声をかけられた。和昭は愛人に赤ん坊を焼死させられた過去を持っており、彼女に人を殺す気分がどんなものかを尋ねる。紀子もかつて好きだった男の子供を中絶させられた経験を持っており、彼女はそれを和昭に告白した。ふたりは傷を舐め合うように抱き合うが、和昭は請われるままに紀子を絞殺し、彼女の亡骸を田舟に乗せて火を放つ。その後、和昭は知的障害者の節子と都会の雑踏の中に消えていった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。