日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

スレイヤーズ ぐれえと
スレイヤーズグレエト

作品名でWeb検索する
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
60分  

おなじみリナとナーガの迷惑コンビが巻き起こす騒動をコミカルに描いた長編アニメーションの第3弾。総監督は「新きまぐれオレンジ★ロード そして、あの夏のはじまり」の湯山邦彦。監督は「スレイヤーズRETURN」のわたなべひろし。原作者の神坂一が、前作に引き続き脚本を担当した。声の出演は「THE END OF EVANGELION 新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に」の林原めぐみと「スレイヤーズRETURN」の川村万梨阿。

スタッフ

製作
角川歴彦
企画
田宮武
プロデューサー
佐藤公宣
原作
神坂一「スレイヤーズ」神坂一
原作イラスト
あらいずみるい「スレイヤーズ」あらいずみるい
総監督
湯山邦彦
監督
渡辺ひろし
キャラクターデザイン
吉松孝博
作画監督
吉松孝博
美術監督
加藤浩
撮影監督
大瀧勝之
音楽監督
小林克良
音楽
服部隆之
主題歌
林原めぐみ「Reflection」

出演者

ストーリー

ストーナーという町にやってきたリナとナーガは、ひょんなことから、岩や土を原料にした人型モンスター・ゴーレム作りの屈指の職人ガリアの家に招待された。ガリアには親譲りの腕を持つ息子のヒューイがいたが、ふたりは折り合いが悪く喧嘩ばかりである。そのために、ガリアはゴーレムを作るどころではなく、苦しい生活を強いられていた。ストーナーの町はハイゼンとグラニオンというふたりの権力者が町の所有権をめぐってって対立関係にあり、そんな争いを終わらせるために、国王は双方に巨大なゴーレムを1体ずつ作らせ、それを戦わせて勝利した方が町の所有権を得るという提案をする。早速、ハイゼンはガリアを、グラニオンはヒューイを味方につけて、それぞれ巨大なゴーレムを作ることになった。しかし、戦いまでにゴーレムを動かすためのゴーレム・コアに魔力を貯める時間が足りない。そこでガリアとヒューイは、そのパワーをリナとナーガに求めることにした。いよいよ決戦の日、特設スタジアムでリナとナーガをモデルに作られたゴーレム、二頭身のリナとグラン・ゴッデスの戦いが開始される。ゴーレムの内部にいるリナとナーガは、日頃の鬱憤を晴らすべくゴーレム・コアのパワーの原動力となって暴れ出すが、力は互角で、なかなか勝負がつかなかった。だが、リナが魔法ドラグ・スレイブを放ったお陰で、ゴーレムはおろか特設スタジアムまでもが崩壊し、イベントはめちゃくちゃになってしまう。しかし、ガリア親子はこの勝負を通して絆を取り戻し、ストーナーの町もハイゼンとグラニオンの占領から守られた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: ドルビー

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/05/22]

映画情報を53件更新しました。

[2019/04/26]

映画情報を22件更新しました。