日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

狼の眼
オオカミノメ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1997年06月14日 
製作会社
ビデオチャンプタキコーポレーション 
配給会社
ゼアリズタキコーポレーション 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
109分  

23年ぶりの兄との再会によって、眠っていた野性の血に目覚める青年の姿を描いたハードボイルド。監督は「シャブ極道」の細野辰興。撮影を「極道戦国志 不動」の山本英夫が担当している。主演は「ゲレンデがとけるほど恋したい。」の鈴木一真。

ストーリー

ゴルフ場の開発をめぐって推進派と反対派が対立している小さな町で、肉親のいない亮は、小さなスナックの雇われマスターをしてひっそりと暮らしていた。ある日、彼は百合子という女を助けたことから、彼女を従業員として雇うことになるが、しばらくして、彼女には妙な行動が見うけられるようになる。どうやら、店の客に体を売っているらしいのだ。百合子に秘かな愛情を感じていた亮は、彼女に売春をやめるよう説得する。その頃、ひとりのアル中の男が町にやってきた。ゴルフ場推進派から反対派潰しを依頼された暴力団・浜崎興業が呼び寄せた“仕事屋”で、かつての百合子のヒモだった男である。だが、その男を見た瞬間、亮は彼が幼い頃に生き別れた兄の勝であることに気づいた。23年ぶりの再会に、初めはぎこちなく接するふたりも、やがて兄弟の絆を取り戻していく。ところが、いつまで経っても仕事をしない勝に業を煮やした浜崎興業が、汚職刑事を使って反対派連中に勝を殺させた。いまわの際、勝は実父がどうしようもないヤクザ者で自分が殺してやったこと、母が他の男と出ていったことなどを亮に話してやる。自分の過去を知った亮は、眠っていた野性の血が目覚めていくのを感じ、単身浜崎興業に乗り込むと、母を連れていった男であった浜崎を殺した。そして、百合子とふたりで、家族の想い出の湖に兄の骨を沈めた亮は、百合子のおなかの中に宿った兄の子を幸せにすると誓う。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。