日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

マグニチュード 明日への架け橋
マグニチュードアスヘノカケハシ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1997年11月22日 
製作会社
日本防火協会企画*A.V.P製作協力*博報堂特別協力*自治省消防庁) 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
90分  

大地震を背景に、消防隊員の父子の葛藤と絆を描いたヒューマン・ドラマ。監督は「ときめきメモリアル」の菅原浩志。脚本は長谷川隆、後藤槇子、菅原の共同。撮影を「シャ乱Qの演歌の花道」の栢野直樹が担当している。主演は「美味しんぼ」の田中邦衛と「わが心の銀河鉄道 宮沢賢治物語」の緒形直人、「ナースコール」の薬師丸ひろ子。

スタッフ

プロデューサー
加藤和廣小林壽夫
監督
菅原浩志
脚本
長谷川隆後藤槇子菅原浩志
音楽
佐橋俊彦
撮影
栢野直樹
照明
長田達也
録音
小野寺修
美術
沖山真保
装飾
柴田博英
編集
冨田功
ビジュアルエフェクトスーパーバイザー
松本肇
助監督
片島章三
俳優担当
足立公良
製作担当
鷲頭政充
ラインプロデューサー
渡井敏久
スクリプター
松澤一美

ストーリー

20年前の昭和51年に発生した大地震の際、消防署員だった父・辰雄の出動中に、幼い誠は目の前で起きた火事のために母を失った。それ以来、辰雄は妻を救えなかった自責の念のために、誠は母を救えなかった父への恨みのために、互いに心を閉ざしていく。誠は母の実家に引き取られて成長し、20年後、特別救助隊員として東京で活躍していた。故郷の中神島に転任することが決まった誠は、消防団員になっていた父と久々に再会するが、辰雄が小学校教師の陽子と企画した消化訓練で生徒がボヤ騒ぎを起こし、父子の対面は気まずいものとなってしまう。これに落胆した辰雄は消防団を辞めて漁の仕事に専念するが、その最中に怪我をして入院した。陽子の知らせで病院に駆けつけた誠は、看護婦からの質問に対して、父のことについて何ひとつ答えることができない自分にショックを受ける。入院の準備のために訪れた父の家の押し入れに、辰雄が20年間調べ続けた地震に関する資料を発見したことで、誠は父に対する想いを改めた。さらに誠は、父の世話を何かと焼いてくれる陽子が、20年前の地震の時に辰雄に助け出された少女だったことを知る。誠はようやく父との距離を縮めることができたように感じるが、その矢先、彼らを再び大地震が襲った。建物の崩壊と火事で街中はパニックに陥り、誠は救助隊員として出動する。ところがそこへ、崩れた家の下に陽子が生き埋めになったという情報が入った。誠は現場に急行したが、すでにその中には怪我をおして病院から駆けつけた辰雄が入っている。父を追って中に入り、陽子を助け出そうとした誠は、危険を乗り越えながら見事にふたりの命を救い出した。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: ドルビー

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。