日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年4月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ゲゲゲの鬼太郎 おばけナイター
ゲゲゲノキタロウオバケナイター

作品名でWeb検索する
カテゴリー
アニメーション 
公開年月日
1997年03月08日 
製作会社
東映東映動画 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
30分  

使う者の命を吸い取ってしまう恐ろしいバットを巡って展開される、鬼太郎たちと少年野球チームとの試合を描いた中編アニメーション。監督は「ユンカース・カム・ヒア」の佐藤順一。原作は水木しげるによる同名コミックで、脚本を島田満が担当している。“'97春・東映アニメフェア”の中の1本として公開された。

スタッフ

原作
水木しげる「ゲゲゲの鬼太郎」
企画
清水慎治
脚本
島田満
音楽
和田薫
作画監督
窪秀巳
美術監督
松官正純
監督
佐藤順一
テーマ曲
憂歌団「ゲゲゲの鬼太郎」

出演者

ストーリー

ヒットが全然打てずに少年野球チーム、バトラーズ(別名ブータレーズ)のキャプテン・純からクビを言い渡された三太郎は、その帰り道にねずみ男と知り合い、どんな球でもホームランにするという妖怪バットを手に入れた。それ以来、三太郎とブータレーズのメンバーは、試合でホームランを打ちまくるようになる。ところが、その妖怪バットはホームランを打てる代わりに、使う者の魂を少しずつ吸い取ってしまう恐ろしいバットだった。ブータレーズが妖怪バットを使っていることを知った鬼太郎は、それを取り返そうと、バットと三太郎たちの魂を賭けて、野球の試合をすることになる。鬼太郎のボールには妖怪バットが通用しないことがわかり、試合は両チーム無得点のまま延長戦へと突入した。ねこ娘が打った半分に割れたボールがホームランになって、妖怪チームに1/2点が入り、いよいよブータレーズの最後の攻撃、三太郎は普通のバットで打席に立つが、あえなく三振してしまう。責任を感じた彼は、魂を取るのは自分だけにしてくれと鬼太郎に懇願した。初めから魂を取ることなど考えていなかった鬼太郎は、妖怪バットだけを返してもらうと、妖怪仲間たちとねぐらへ戻っていく。数日後、練習を重ねた三太郎は、ついに試合でヒットを打つことができた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: ドルビー

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/04/26]

映画情報を22件更新しました。

[2019/03/26]

映画情報を119件更新しました。