日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ACRI
アクリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1996年08月24日 
製作会社
ソニー・ミュージックエンタテインメントポニーキャニオンCAPPADOCIA作品 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
The Legend of Homo-Aquarellius  
上映時間
108分  

不思議な過去を持つ青年と、人魚伝説に魅せられた男たちが織り成す、愛と神秘のSFファンタジー。監督・原案は「河童」の石井竜也。石井の原案をベースにして「PICNIC」の岩井俊二が書きあげた原作を、「河童」の末谷真澄が脚色した。撮影は「ルビーフルーツ」の長谷川元吉が担当している。出演は「KISS ME」の藤竜也、「Helpless」の浅野忠信、「ユーリ」の江口洋介、「エコエコアザラクII」の吉野公佳ほか。オーストラリアで大勢の現地クルーとともに撮影された。

スタッフ

原案
石井竜也
監督
石井竜也
原作
岩井俊二
脚本
末谷真澄
VFXスーパーバイザー
秋山貴彦
VFXプロデューサー
浅野秀二
音楽
有賀啓雄
編集
ジョン・スコット
プロダクション・デザイナー
マイケル・ラルフ
撮影
長谷川元吉
ライティング・カメラマン
フィリップ・クロス
ライン・プロデューサー
マイケル・レイク
共同プロデューサー
進藤淳一
製作総指揮
岡本朝生
プロデュース
河井真也

ストーリー

1888年の香港・邪侖屈で人魚を目撃したと、イギリス人博物学者のグスタフ・オージュボンはその著書の中で語っている。それから一世紀が経った現在のオーストラリア、進化の過程で海に帰った人類の一部が人魚になったというホモ・アクアレリウスの学説を唱えて日本の学界を追われた佐古田教授のもとに、海原密という学生がやってきた。彼は恋人の亜久里を海難事故で失い、自分だけが10日後に助かるという不思議な体験を持っていた。その時の記憶を失った密は自分が助かったのは人魚のおかげではないかと考え、その答えを佐古田に求める。しかし、佐古田は彼の話に耳を傾けようとはしなかった。ある日、友人の飯田と海に出た密が行方不明になり、1カ月後に漁船の網に生きたまま引き揚げられた。密の空白の10日間を追っている元“ネイチャーワールド”誌の記者・羽岡は、彼がホモ・アクアレリウスと密接な関係にあるに違いないと、密が収容された病院に佐古田を向かわせる。果たして密の体には異変が認められ、手には水かきが、首の後ろにはえら呼吸の穴が見つかった。人魚に会ったことがあるという長老タオの証言を得た佐古田は、ホモ・アクアレリウスの存在を確信し、密の失われた記憶を催眠療法で回想してみることにした。密は空白の10日間に、ホモ・アクアレリウスの亜久里と交わりを持っていたのだ。市長選に出馬を表明しているノリスは、密を利用して仲間を捕らえようと企んだが、佐古田と羽岡の活躍によって計画は失敗に終わる。催眠療法がきっかけとなってホモ・アクアレリウスの記憶を呼び戻した密は、亜久里とともに海へ帰っていった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: ドルビーSR

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/12/28]

映画情報を68件更新しました