日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年1月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

Pipi とべないホタル
ピピトベナイホタル

作品名でWeb検索する

飛ぶことのできないホタルと仲間たちの友情と冒険を描いた長篇アニメーション。監督は「花の季節」の中田新一。小学校教諭時代にクラスの壁新聞のために執筆したという小沢昭巳の原作を、テレビ・ドラマ『国語入試問題必勝法』の加藤宏美が脚色している。文部省選定。

スタッフ

監督
中田新一
原作
小沢昭巳「とべないホタル」
製作
高山雅治五十嵐功一萩原渚中田新一伊藤叡
脚色
加藤宏美
音楽
キダ・タロー
絵コンテ
奥脇雅晴
演出
奥脇雅晴
キャラクターデザイン
小野隆哉
作画監督
小野隆哉
美術監督
中村光毅
彩色設定
宝田ゆう子
撮影監督
諌川弘
編集
尾形治敏
音響監督
明田川進
担当プロデューサー
森井俊行
主題歌
松任谷由美「Weaver of Love~ORIHIME」

出演者

ストーリー

青々とした水田のそば、きれいな小川のほとりで、今年もまたホタルたちが生まれた。その中の1匹、飛ぶことのできないホタルのピピは、仲間のホタルたちが毎晩楽しそうに夜空を飛び回るのを、ひとりで眺めていた。キラやアイはそんなピピを慰めてくれるが、余計に孤独感が募るばかりだった。そんなある日、迷子のアリの子供を助けたことから、ピピはアリの家に招待される。楽しい一時を過ごしたピピは、ずっとここに住みたいと思うようになった。しかし、それは自分がホタルであることを否定してしまうことだと、女王アリから説得されたピピは、ホタルとしての誇りをもって生きようと心に誓うのだった。その後、ピピはクモの巣の危機からみんなを助けようとした勇気が認められ、仲間として迎え入れられる。そんなある日、突然襲ってきた嵐のために多くのホタルたちの命が奪われてしまう。土地開発のせいもあってすみかを失ったピピたちは、長老クワガタのアドバイスを受けて、川上にあるという“すてきなところ”へと旅立った。ピピは嵐で失明してしまったキラの目となり、キラは飛べないピピの羽根となって互いに助け合う。途中、クモやコウモリ、ヘビやネズミなどに襲われたが、力を合わせて困難を乗り切ったピピたちは、無事に“すてきなところ”へたどり着いた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: ドルビー

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/01/30]

映画情報を19件更新しました。

[2018/12/25]

映画情報を18件更新しました。