日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

武闘の帝王 完結編
ブトウノテイオウカンケツヘン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1995年01月17日 
製作会社
ツインズ作品制作*シネマパラダイス) 
配給会社
ヒーロー 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
86分  

エコノミック・ヤクザに真っ向から対立し、自らの信ずるように男の道を進む武闘派極道の姿を描いたシリーズの第3弾。監督は94年に「通天の角」でデビューした祭主恭嗣。主演はシリーズ連続登板の清水宏次朗。スーパー16ミリ。

スタッフ

製作
夏山静香
プロデューサー
岩田靖弘鎌田賢一下田淳行
原作
溝口敦
脚色
丸山比朗
監督
祭主恭嗣
撮影
小西泰正
照明
白石宏明
編集
菊池純一
録音
井家眞紀夫
美術
磯見俊裕
音楽
トルステン・ラッシュ
助監督
北川篤也

ストーリー

国松連合総長・下川が組の統率役を実質上引退し、若頭・河本が総長代行に、加賀が総長代行補佐に指名された。兄弟分として以前からお互いを理解してきた河本と加賀は、伝統を守りながら組を盛り立てていこうと新たに固く誓い合う。ある日、日本進出を狙った中国マフィア龍頭会頭目・楊が、二人の前に姿を現した。横浜中華街辺りを仕切る国松連合会に接触し、そこでヘロインを捌こうという計画なのだ。クスリには手を出さないという昔ながらの方針から、河本と加賀はその申し出を断る。一度はそれで手を引いたかと思われた楊だったが、故国を追われるようにして日本に渡った彼は、どうしてもこのアジア最大のマーケットに根づく必要があった。楊はあの手この手を尽くして河本を脅迫する。その手が河本の一人娘・知美にまで伸びようとした時、河本はついに楊との取り引きを承諾してしまった。一方、そのころ加賀は、偶然知り合った中国人クラブ歌手・ミンに心惹かれるものを感じていた。二人は何度かのデートを重ねるうち、恋心が芽生えていることを確信する。しかし河本が龍頭会と手を結びヘロインを扱うようになったことを知った加賀は、河本と絶縁して龍頭会と全面対決に出ようとするのだが、楊の身辺を洗ううちに、ミンが楊の実の妹であることを知った。敵の妹と恋に落ちてしまった加賀は、彼女にまで抗争の炎が飛び火してはと考え、訳も告げずにミンと別れる。加賀は武闘派の組員・武藤と裕二を引き連れて、楊と河本の取引現場に乗り込んだ。激しい戦いに多くの血が流され、加賀と楊が傷を負いながらも最後まで銃撃戦を展開する。決着は、ことの真相を知って駆け付けたミンの姿を見て楊がひるんだ瞬間に、加賀の放った銃弾によってつけられた。だが、ミンも楊の撃った銃弾に倒れ、加賀の腕の中で息絶えるのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /16mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/05/28]

映画情報を52件更新しました。