日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2018年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

NINKU 忍空
ニンクウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
アニメーション 
公開年月日
1995年03月04日 
製作会社
集英社フジテレビジョンスタジオぴえろ作品 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
29分  

忍術と空手を組み合わせたような武術・忍空。これを操る三人の忍空使いの活躍を描く、劇場初登場のコメディ・アクション。監督は阿部紀之。“95夏東映アニメフェア”の中の一本で、劇場用オリジナル。

スタッフ

製作
布川ゆうじ
企画協力
清水賢治金田耕司木村京太郎
プロデューサー
萩野賢
原作
桐山光侍「NINKU  忍空」
脚色
橋本裕志
音楽
本間勇輔
作画監督
西尾鉄也
美術設定
池田祐二高田茂祝
美術監督
池田祐二高田茂祝
監督
阿部紀之
主題歌
鈴木結女「輝きは君の中に」

出演者

ストーリー

荒野の真ん中、飛行機の故障と燃料の不足で、腹を空かせていた風助、藍眺、橙次、里穂子、ヒロユキたち。一行は「用心棒を求む」というアルバイトのチラシを見て、早速その村へ駆けつける。しかし、すでに用心棒は決まっており、風助たちはがっかりするが、その用心棒は風助たちの名を騙る偽忍空使いだった。風助たちは偽者の動向を伺うため、そして何より食事にありつくために、偽忍空使いの世話係として雇ってもらうことにした。夕食時、偽忍空使いたちに、明朝7時に村を襲撃するという天地三兄弟からの矢文が届く。その夜、本当は強くもなんともない偽者たちは、報酬を先取りして逃亡を図るが、藍眺たちに阻まれ、三兄弟と戦う羽目に。翌朝、村の入り口で三兄弟を待つ偽忍空使いと藍眺たち。偽忍空使いは現れた三兄弟に、自分たちは忍空使いだとはったりをかけるが、戦いを楽しみにしていた三兄弟は襲いかかってくる。間一髪、藍眺と橙次、そして昨夜から姿を消していた風助が助けに入り、偽忍空使いは命拾い。そして、風助たちと三兄弟の本当の戦いが始まった。風助たちはそれぞれ苦戦を強いられるも、三兄弟を倒すのだった。戦いの後、偽者を懲らしめようとした藍眺をとめたのは、風助だった。実は彼らは今にも潰れそうなサーカスのメンバーで、団員や病気の動物たちを救うための報酬欲しさに、忍空使いを騙っていたのだ。風助が昨夜いなかったのは、そのことを調べていたからだった。風助の提案で、三兄弟を倒した報酬を彼らにあげてしまう藍眺たち。カッコ良く決まったはずだったが、自分たちの食費を貰うのをすっかり忘れていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビスタ
  • サウンド: ドルビー

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2018/12/25]

映画情報を18件更新しました。

[2018/11/28]

映画情報を41件更新しました。