日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

MACROSS PLUS
マクロスプラス

作品名でWeb検索する
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
115分  

夢を追い続ける二人の男たちと、夢に破れた一人の女の関係を、壮大な宇宙を舞台に描くアニメーション。11年前に誕生し、この度オリジナル・ビデオとして再誕した「マクロス」シリーズの劇場版。総監督は「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」の河森正治。監督は、ビデオ版も担当している渡辺信一郎。

スタッフ

原作
スタジオぬえ河森正治
脚本
信本敬子
総監督
河森正治
メカニックデザイン
河森正治
監督
渡辺信一郎
オリジナルキャラクターデザイン
摩砂雪
特技監督
板野一郎
コンテ
樋口真嗣
絵コンテ
河森正治渡辺信一郎
作画監督
夷佞世青野厚司森山雄治瀬尾康博
美術監督
針生勝文
撮影監督
高橋明彦小津畑隆
色彩設定
西香代子
編集
掛須秀一
音響監督
三間雅文
音楽
菅野よう子
舞台設定
宮武一貴
メカニカル設定
宮武一貴
設定
田中精美佐竹善則

出演者

ストーリー

AD2040年、惑星エデンでは、次期主力可変戦闘機の競争テストが行われていた。テスト・パイロットにはかつて親友同士でありながら、ある事件をきっかけに憎み合うようになってしまったイサムとガルドが選ばれ、イサムはYF-19、ガルドはYF-21に搭乗した。その頃、人気絶頂のヴァーチャル・アイドル歌手のシャロン・アップルが、コンサート・ツアーのために、プロデューサーでありイサムとガルドの幼友達のミュンとともにエデンにやって来た。ガルドはミュンもテスト飛行も自分の手中に収めようと必死になるが、テスト飛行中にイサムに瀕死の重傷を負わせてしまう。懸命にイサムの看病をするミュン。彼女が愛していたのはイサムだったのだ。ところで人工知能シャロン・アップルのシステムはまだ完全なものではなく、それをサポートしてたのはミュンだったのだが、いよいよそれが実現し、ミュンはお払い箱に。次のコンサート地である地球へ出発するが、ミュンも二人を残して地球へ向かった。しかしそれと前後して、次期採用機の選定テストが地球で開発された無人戦闘機が採用されたため中止になり、怒ったイサムはYF-19を駆って地球へ向かっていた。ガルドもそれを追い、地球を目前にイサムを止めようとするガルドの攻撃が始まる。だがガルドはその戦闘中に、自分たちが決裂した原因を作ったのが自分であったことを意識的に消していた記憶の中から思い出し、イサムと和解した。彼はイサムを攻撃する地球の戦闘機を相手に戦い、命を落としてしまう。一方、地球ではシステムのミスから意識を持ち始めたシャロンが、地球を支配しようと暴走を開始。ミュンを救うために、シャロンに戦いを挑んだイサムは、苦戦を強いられながら勝利を収め、無事ミュンを助け出すのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット:
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/05/22]

映画情報を53件更新しました。

[2019/04/26]

映画情報を22件更新しました。