日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

トイレの花子さん(1995)
トイレノハナコサン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1995年07月01日 
製作会社
松竹作品製作協力*タイムズインパキッシュ) 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
100分  

幽霊・花子さんが出ると噂されている小学校で起こる、怪奇な事件を描いたジュブナイル・ホラー。学校のトイレに住みつく恐ろしい幽霊から子供たちの守護神的存在へとそのイメージを変えた花子さん話に材を取り、松岡錠司と福田卓郎が脚本を執筆。監督を同じく「きらきらひかる」の松岡錠司が担当した。撮影は「BOXER JOE」の笠松則通、音楽は“モダンチョキチョキズ”のリーダー・矢倉邦晃。出演は「藏」の河野由佳、『あっぱれさんま大先生』の前田愛、『花の乱』の井上孝幸ら子役スターの他に、「Love Letter」の豊川悦司、「119」の大塚寧々ら。

スタッフ

製作
中川滋弘中沢敏明
プロデューサー
榎望梅川治男
原作
花子さん研究会「トイレの花子さん」
脚本
松岡錠司
脚色
福田卓郎
監督
松岡錠司
音楽
矢倉邦晃
ラインプロデューサー
吉田浩二桑野美樹
音楽プロデューサー
佐々木麻美子
撮影
笠松則通
照明
市川元一
録音
辻井一郎
美術
斎藤岩男
編集
奥原好幸
助監督
前田哲
製作担当
及川義幸
スチール
川澄雅一
スクリプター
川野恵美

ストーリー

拓也の通う本町小学校周辺では、小学生が何者かによって殺される事件が多発していた。本町小学校の生徒たちは次に狙われるのは自分たちの中の一人ではないかと噂している。そんな折、拓也のクラスに冴子という美少女が転校して来た。冴子は成績優秀ですぐにクラスの人気者になるが、彼女が花子さんが出ると言われているトイレの個室から出て来たところを加奈子たちに目撃されてから、一転して冴子は花子さんではないかと囁かれるようになってしまう。だが、拓也だけはそんなことは信じずに、冴子に優しく接してあげるのだった。拓也と冴子が山羊の飼育当番で居残っていた日、山羊の首が切断されるという事件が起こった。しかも、冴子が血の滴る鎌を持っているところを加奈子たちによって発見されたことで、冴子はより一層花子さんだとの疑いを強められてしまう。ショックから失語症になってしまった冴子はそれ以後クラスで浮いた存在となり、この噂の真相を確かめるために一晩花子さんのトイレに幽閉されることをクラス中から言い渡されるのだった。夜、冴子のことが気になった拓也は学校へ侵入する。ところがちょうどその頃、冴子は一連の事件の真犯人である変質者に襲われていた。あわやというところで冴子を変質者から救った拓也は、連絡を受けて駆けつけた妹・なつみや父・雄二、そして鈴木先生らと校内を逃げ回る。その時、本町小学校の全生徒に花子さんが「みんな集まれ」とテレパシーを送った。学校の校庭に集まった生徒たちは力を合わせて変質者を逮捕する。こうして事件は解決し、冴子の疑いも晴れるのであった。翌日、平和が取り戻された放課後の教室、冴子と拓也はそっとキスを交わした。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: ドルビー

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。