日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

勝手にしやがれ!! 脱出計画
カッテニシヤガレダッシュツケイカク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1995年08月12日 
製作会社
ケイエスエス作品制作協力*ツインズ) 
配給会社
ケイエスエス 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
80分  

“勤労ハンパ者”のチンピラでこぼこコンビが、次々とトラブルに巻き込まれていく姿を描いたコメディの第二作。監督は前作「勝手にしやがれ!! 強奪計画」と同様、黒沢清。主演コンビにも前作と変わらず、哀川翔と前田耕陽がふんしている。16ミリからのブローアップ。

スタッフ

製作
須崎一夫
企画
伊藤靖治神野智
プロデューサー
伊藤正昭下田淳行鎌田賢一
撮影
喜久村徳章
音楽
トルステン・ラッシュ
美術
丸尾和行
照明
金沢正夫
録音
井家眞紀夫
脚本
黒沢清
監督
黒沢清

ストーリー

暴力団神崎組の組長・神崎は、娘のアスカが勝手に男と付き合っているのを知って激怒し、相手の素性と二人の交際の進行度の調査を雄次と耕作に依頼した。公園で抱き合うアスカの様子を隠し撮りしたビデオを見てさらに怒り狂った神崎は、相手の男である予備校生の木村を連れてきたら200万出すという。耕作はもちろん、雄次たちに仕事を回している由美子と栄も200万と聞いて心を動かすが、神崎の態度にうんざりしていた雄次は、その仕事を断ってしまう。ある日、雄次は街で神崎組の芹沢たちに追われていた木村とバッタリ顔を会わせ、機転を利かせて彼をかくまった。アスカは恋人というわけではなく、彼女の方から無理矢理誘われ、組長の娘とは知らず手を出してしまったらしい。このままでは叔父の住むオーストラリアに逃亡するしかないという木村の言葉に、雄次と耕作は目を輝かせた。テレビで物価が日本の5分の1と聞いて以来、二人の心はオーストラリアに飛んでいたのだ。結局200万を選んだ雄次と耕作は、木村を神崎に引き渡したのだが、現金を受け取った二人が部屋に戻ると、玄関には血だらけの木村が倒れていた。リンチを受けながらも神崎組から逃げ出した木村は、ほかに行くあてもなく雄次の部屋に舞い戻ってきたのだった。しかたなく雄次は三人でオーストラリアへ行こうと決める。しかし、木村が恋人の陽子も連れて行きたいと言い出し、雄次はやむなく陽子にも声をかけるが、陽子の方は木村のことを単なる知り合いとしか思っていないばかりか、逆に雄次に一目惚れする有様だった。しかも陽子は、アスカの妹だったのである。思いつめた陽子は、雄次と一緒にオーストラリアへ行きたいと雄次の部屋まで押しかけ、さらに木村を追ってアスカまでが現れて、事態はさらに大混乱に。そんな折、雄次が外出している隙に、耕作と木村が神崎組によって連れ去られてしまった。雄次はすぐに居場所をつきとめ二人を救出するが、その裏には神崎のやり方に不満を抱いた芹沢の手引きがあった。雄次たちの渡航の段取りまでつけてくれた芹沢を、雄次は一緒に行こうと誘う。しかし、いよいよ出発という時になって神崎組に居場所をつきとめられてしまい、身を挺して雄次たちをかばった芹沢が撃ち殺される。雄次と耕作は“男のケジメ”をきっちりつけるために、木村たちを船に残し、二人だけで対決を挑んだ。しかし、反対に叩きのめされ傷だらけになった雄次と耕作には、またいつもの日常が待っているのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/08/26]

映画情報を58件更新しました。