日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

カナカナ
カナカナ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1995年10月28日 
製作会社
TAC作品 
配給会社
TAC配給協力*武藤起一事務所) 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
105分  

29歳の女と13歳の男子の、奇妙な同棲生活を綴ったドラマ。監督・脚本は、PFFやイメージフォーラム・フェスティバルなどで入選経験を持つ大嶋拓で、女性の微妙な心理を描くことに成功している。'94モントリオール世界映画祭、ぴあフィルムフェステイバル、アジアフォーカス福岡映画祭、'95ベルリン国際映画祭、シドニー映画祭、ウィーン・ビエンナーレ映画祭、フランダース国際映画祭、シネマテークオンタリオ正式招待作品。16ミリ。

スタッフ

製作
大嶋拓
脚本
大嶋拓
監督
大嶋拓
編集
大嶋拓
シネマトグラファー
宮野宏樹
助監督
今川菊生
記録
相原聡子
編集助手
相原聡子
スチール
所千義
キャスティング協力
若林一郎
仕上げアドバイザー
竹平時夫
ネガ編集
金子尚樹
音楽
JOY BRAY
整音
鈴木昭彦

ストーリー

93年の夏。皇太子ご成婚に沸く世間とは対照的に、恋人・外村と別れた徳子は実家に戻って来ていた。しかし、定職に就くわけでもなく、結婚するわけでもない、そんな徳子の姿を見て愚痴をこぼす母のいる実家は、既に徳子の安息の場ではなくなっていた。ある日、友人で中学校の先生をしている美弥子につきあって登校拒否児の家庭訪問に行った徳子は、物憂い目をした少年・隆人と出会う。そして数日後、隆人がコンビニでサンドイッチを万引きするところを目撃した彼女は、彼のアパートへついて行き、彼の母親が仕事で出掛けたまま帰って来ないことを知る。一方その頃、徳子にはエリート・サラリーマンとの見合いの話が持ち上がっていた。悪くない話と、それを受けた徳子だったが、見合い当日、出がけに立ち寄った隆人の部屋で、ウイスキーに酔っぱらった隆人を発見。見合いをすっぽかして、彼の看病にあたった。母親の説教にいたたまれなくなった徳子は、翌日実家を出て隆人のアパートに転がり込む。こうして、29歳の女と中学生の奇妙な同棲生活が始まった。隆人が20歳になるまで面倒をみるという契約を交わした徳子は、翻訳の仕事をしたり、美弥子たちとのコンサートのリハーサルをしながら隆人を養う。だがある晩、興味本意で持ってしまった肉体関係が、微妙に二人の関係を崩し始めた。知り合いから借りた別荘で、幾日かの夏休みを過ごす徳子と隆人。だがその帰り、隆人は忽然と姿を消してしまう。一人アパートへ戻った徳子は、隆人に母親からの手紙が来ていたことを知る。母親は現在父親とは違う男と暮らしており、生活も安定したので隆人を呼び戻そうとしていたのだ。そして、隆人はそこへ向かったらしい。徳子は今は妹・直子と関係を持っている外村の協力で、隆人の住む町へ赴く。だが、団地の前まで来て、結局隆人には会わずに戻って行くのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /16mm /スタンダード(1:1.37)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/12/22]

映画情報を25件更新しました。

[2021/11/29]

映画情報を41件更新しました。