日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

銀座警察 武闘派刑事
ギンザケイサツブトウハケイジ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1994年10月29日 
製作会社
シネマパラダイス作品 
配給会社
シネマパラダイス 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
90分  

中国マフィアを相手に、得意の空手を武器に戦う銀座警察の刑事の活躍を描くアクション。北芝健・作、政岡としや・画による漫画『銀座警察』(徳間書店トクマコミックス・刊)を原作に、「武闘の帝王2」の高瀬将嗣が監督・脚本を手がけた。撮影は安本英が担当。スーパー16ミリ。

スタッフ

監督
高瀬将嗣
助監督
井原眞治
企画
夏山静香
企画協力
末吉博彦
製作
夏山静香
プロデューサー
新井正勝夏山昌一郎
脚本
高瀬将嗣
原作(作)
北芝健「銀座警察」
原作(画)
政岡としや「銀座警察」
撮影
安本英
スチール
鈴木さゆり
照明
山川英明
音楽
木村昇
主題歌
NOBORU「銀座警察 武闘派刑事」
装飾
大庭信正
編集
菊池純一
録音
細井正次
スクリプター
山下千鶴

ストーリー

無鉄砲で型破り、持ち前の正義感を盾に突っ走る銀座警察の武闘派刑事・犬宮良は、あるクラブで開かれた14歳の少女エリーが仕切るマリファナ・パーティーに潜入し、全員現行犯逮捕した。このことを逆恨みしたエリーは、父の財力にモノを言わせて犬宮に仕返しを試みるが、ことごとく失敗する。一方犬宮は防犯課家事相談担当に配置変えとなりふてくされるが、係長の和剛寺以下、待田、金子ら先輩たちに囲まれ徐々にやりがいを見出し、裏の顔を持つ芸能プロダクション社長の大沢をまんまと懲らしめるなどの活躍ぶり。ちょうどそんな時、エリーは父の知人でもあったその大沢に金を積んで犬宮に仕返しを依頼するが、犬宮は中国マフィアの張に仕事を依頼。さらに支払いのトラブルをめぐって大宮は張に殺され、エリーは人質にされてしまう。エリーの父から事情を聞いた犬宮は張たちの隠れ家に突入し、決死の戦いの末、見事張を倒し、エリーを助けるのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /16mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/05/28]

映画情報を52件更新しました。