日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ダークサイド・ブルース
ダークサイドブルース

作品名でWeb検索する
カテゴリー
アニメーション 
公開年月日
1994年10月08日 
製作会社
秋田書店東宝J・C・STAFF作品 
配給会社
東京テアトル 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
84分  

近未来の東京・歌舞伎町を舞台に、支配階級とテロリストらの闘いを、謎の人物″ダークサイド″の活躍を交えて描くアニメーション。原作は菊地秀行とあしべゆうほ。監督は古川順康。

スタッフ

監督
古川順康
脚本
関島眞頼
演出
岡尾貴洋
総作画監督
浜崎博嗣
キャラクターデザイン
浜崎博嗣
作画監督
青木哲朗高橋しんや 
美術
砂川千里
撮影
高橋明彦
音響監督
藤山房伸
音楽
外山和彦
挿入歌
堀内圭三「ダークサイドブルース」
エンディングテーマ
旺なつき「Paradise Lost」
原作
菊地秀行あしべゆうほ

ストーリー

近未来の世界。絶大な権力を誇る大企業ペルソナ・センチュリーにより世界の9割が買い占められ、人々は平和という名のもとに支配されていた。残り少ない治外地のひとつである新宿・歌舞伎町にある夜、″ダークサイド″という名の美青年が出現、町で暮らし始める。同じころペルソナのリーダー法月紅蓮暗殺を図ったテロリストのひとり、達也が歌舞伎町に逃げ込んできた。自由奔放に生きる不良グループ″メシア″のメンバー、舞衣、ケンゾーらは彼をかくまい、達也は自分の面倒をみてくれたセリアと惹かれ合っていく。紅蓮は、達也を抹殺するため歌舞伎町に刺客を送り込む。舞衣らの抵抗もむなしく達也は殺されてしまった。がこれまで事態を静観していたかに見えたダークサイドが、その特殊な能力で″修正″を行い、舞衣には紅蓮への″憎悪の感情″を、セリアには達也の意志を継ぎペルソナと闘う″復讐心″を目覚めさせる。二人の女性の闘いは今まさに始まったばかりだ。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット:
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/02/21]

映画情報を31件更新しました。

[2019/01/30]

映画情報を19件更新しました。