日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

とられてたまるか!?(1994)
トラレテタマルカ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1994年06月04日 
製作会社
フジテレビジョン作品製作協力ライトヴィジョン) 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
103分  

念願のマイホームを同じ泥棒に何度も襲われるサラリーマン・パパの死闘を描くファミリー・コメディ。監督は「さまよえる脳髄」の萩庭貞明。原作(鳥影社・刊)・脚本は「国会へ行こう!」の斉藤ひろし、撮影は高瀬比呂志が担当。

スタッフ

製作
村上光一
企画
堀口壽一
プロデューサー
小川晋一茂庭喜徳
原作
斉藤ひろし 
脚本
斉藤ひろし 
音楽
井上尭之
監督
萩庭貞明
撮影
高瀬比呂志
美術
斉藤岩男
照明
高柳清一
録音
中村淳
編集
冨田功
助監督
久保寺和人
製作担当
市村智保
アシスタントプロデューサー
池田知樹稲田秀樹
プロダクションマネージャー
片岡毅允生
主題歌
J-WALK「見つめていたい」

ストーリー

区役所に勤める唯野一太郎は郊外の分譲地にようやく念願のマイホームを建てた、平凡な中年公務員。だがその家に泥棒に入られたことから一太郎の日常は一変してしまった。妻ゆり子と2人の子供、里香と祐太に一家の大黒柱としての権威を示したい一太郎は、玄関には頑丈な鍵、最新の警備装置、番犬のゴジと万全の準備をするが、同じ泥棒にまんまと入られ逆に権威失墜。さらに3度目の襲撃を受け、里香のコンサートチケットを奪われてしまう。里香からはこれ以上こんな家に住めないと言われる始末だが、この家は俺が守ると一太郎は格闘技を習い始め、家もさながら要塞のごとく化していく。そんな彼の姿にどうやらコンピュータ・ソフトのプログラマーらしい泥棒も不敵な笑みを浮かべ満足そうな様子。数回の攻防を経て、いよいよ運命をかけた最後の戦い。「今夜、行くから」という泥棒の電話に応え、一太郎は家族を義父のもとに預け、一人待ち構える。はたしてやって来た泥棒との攻防の末、遂に彼を捕まえた。一太郎と泥棒の間には、ゲームを戦った奇妙な友情のごときものも生まれていた。そして翌朝、家に戻ってきたゆり子たちが見たのは、倒れかかる壁を必死に押さえようとしている、たくましい父親の姿であった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: ドルビー

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

お知らせはありません。