日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

グスコーブドリの伝記(1994)
グスコーブドリノデンキ

作品名でWeb検索する
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
85分  

村を襲う飢饉の阻止に生涯を捧げたグスコーブドリの姿を描く長編アニメーション。宮沢賢治晩年の同名の童話をもとに、賢治没後60周年を記念して作られた作品。監督、脚本及びオリジナルキャラクターを中村隆太郎が担当。

スタッフ

原作
宮澤賢治
企画
鳥居明夫鹿本鬼助
プロデューサー
石川博久保田正明名嘉邦夫
脚本
中村隆太郎
監督
中村隆太郎
音楽プロデューサー
藤田純二
音楽
菅野由弘 
キャラクターデザイン
鈴木信一
作画監督
鈴木信一
美術
荒井和浩
撮影
高橋明彦
録音演出
斯波重治 
色設定
山名公枝
編集
瀬山武司

出演者

ストーリー

イーハトーブの大きな森の中に生まれたグスコーブドリは、ある年の冷害が原因で、父や母、そして妹のネリと離ればなれになる。沼ばたけの赤ひげの農家で働くことになったブドリは、クーボー博士の書いた本で勉強し、オリザの病気の駆除に成功するが、また次の年、冷害と旱魃が続いてオリザは全滅。ブドリは赤ヒゲ夫婦の元を後にし、イーハトーブの町のクーボー博士を訪ねた。博士の紹介で火山局で働くことになったブドリは、ペンネン技師の下で、火山を科学的に利用して農業に役立てる仕事につく。今や結婚して幸せに暮らしているネリとも再会する。だがブドリは、再びやってきた寒い気候から作物を守り人々を飢饉から救うために、自らの命を犠牲にしてカルボナード火山島に旅立っていった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット:
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/02/21]

映画情報を31件更新しました。

[2019/01/30]

映画情報を19件更新しました。