日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

椿三十郎(2007)
ツバキサンジュウロウ

作品名でWeb検索する
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
119分  

黒澤明監督の1962年の同名時代劇をリメイク。浪人・椿三十郎が、上級役人の巨悪を暴こうとする若侍たちを助ける様を痛快に描く。原作は山本周五郎の小説『日日平安』。出演は「県庁の星」の織田裕二、「犯人に告ぐ」の豊川悦司、「デス・ノートの松山ケンイチ。監督は「サウスバウンド」の森田芳光。

スタッフ

製作総指揮
角川春樹
監督
森田芳光
原作
山本周五郎
脚本
菊島隆三小国英雄黒澤明
音楽
大島ミチル
製作
島谷能成千葉龍平早河洋永田芳男
プロデュース
大杉明彦高木政臣亀山慶二富山省吾
プロデューサー
三沢和子徳留義明市川南田中迪梅澤道彦
ラインプロデューサー
元持昌之
プロダクション統括
山田健一
撮影
浜田毅
照明
渡辺三雄
美術
小川富美夫
装飾
小池直実
録音
柴山申広
編集
田中愼ニ
助監督
増田伸也
製作担当
橋本靖
音楽プロデューサー
石川光
キャスティング
杉野剛
題字
金田石城

ストーリー

ある夜、社殿の中で九人の若侍が、上役の汚職を暴き出そうと密議をこらしていた。若侍の一人、井坂伊織(松山ケンイチ)によれば、汚職の張本人である次席家老黒藤(小林稔侍)と国許用人竹林(風間杜夫)の粛清の意見書を、伯父である城代家老睦田(藤田まこと)に差し出したが、受け入れてもらえなかったとのこと。一方、大目付菊井(西岡徳馬)はこの進言を快諾し、詳しい話を聞きたいから仲間全員を社殿に集めるよう宣われたと言う。意気の上がる若侍たち。しかしその時、彼らの前に社殿の奥からよれよれの紋付袴を着た浪人、椿三十郎(織田裕二)が現れた。彼は城代家老が本物で、大目付菊井が黒幕だと言って若侍たちを仰天させる。その言葉通り、すでに社殿は大目付菊井の手の者によって取り囲まれていた。動揺する若侍たちを制して、三十郎は一人で社殿の外に打って出た。その時に出会ったのが、敵方の室戸半兵衛(豊川悦司)。彼は、三十郎が只者ではないと途端に見抜いて言葉をかけた。再び社殿に戻った三十郎は、九人の若侍に手を貸すことを決める。一同は夜陰にまぎれて城代家老宅へ向かうが、家老はすでにどこかに連れ去られていた。睦田夫人(中村玉緒)と娘の千鳥(鈴木杏)は監禁されていたが、三十郎は二人を救い出し、若侍の一人、寺田文冶(林剛史)の家にかくまった。寺田の家は、椿屋敷の異名を取る次郎席黒藤の家の隣だった。皆は城代家老の居場所を探し出すのに躍起で、三十郎は敵状を探るために室戸を訪ねる。三十郎を味方につけようとする室戸。それに乗ったふりをする三十郎をめぐる若侍たちの不和が、彼ら自身を窮地に追い込み、三十郎がそれを救うハメになる。やがて城代家老は、黒藤の家に監禁されていることが判明。三十郎と若侍たちは策略を練り、見事、城代家老の救出に成功する。そして室戸との一騎打ちに勝利した三十郎は、若侍たちを背に静かに去っていくのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/12/22]

映画情報を25件更新しました。

[2021/11/29]

映画情報を41件更新しました。