日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

クローズド・ノート
クローズドノート

作品名でWeb検索する
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
138分  

1冊の日記を通じて描かれる、ふたつの交錯した恋愛ストーリー。「犯人に告ぐ」「ビター・ブラッド」の雫井脩介が携帯サイトで連載したミステリータッチの恋愛小説を、「世界の中心で、愛をさけぶ」「春の雪」の行定勲監督が映画化。主演は「パッチギ!」「手紙」の沢尻エリカと「春の雪」「サイドカーに犬」の竹内結子のダブルヒロインで、二人の思いを結ぶ相手役は、「図鑑に載ってない虫」「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」の伊勢谷友介。

スタッフ

監督
行定勲
原作
雫井脩介
主題歌
YUI
製作
島谷能成安永義郎細野義朗村松俊亮宍戸健司
エグゼクティブプロデューサー
市川南
企画
春名慶
プロデュース
春名慶
プロデューサー
甘木モリオ
アソシエイトプロデューサー
山内章弘臼井央
脚本
吉田智子伊藤ちひろ行定勲
音楽
めいなCo.
撮影
中山光一
美術
都築雄二
照明
中村裕樹
録音
伊藤裕規
編集
今井剛
衣裳デザイン
伊藤佐智子
キャスティング
杉野剛
ヘアメイクデザイン
勇見勝彦
VFXプロデューサー
篠田学
スクリプター
田中槙乃
音楽プロデューサー
北原京子
助監督
大野伸介
製作担当
深津智男

ストーリー

教育大学に通う堀井香恵(沢尻エリカ)は、アパートでひとり暮らしを始めることになった。その部屋で、彼女は前の住人が残したノートの存在に気がつく。どうやら日記帳らしい。そんな香恵の部屋を、自転車に乗った白いシャツの男が見上げていた。ある日、香恵のアルバイト先である万年筆の専門店に、その男がふたたび現れる。彼はイラストレーターであり、理想の書き味の万年筆を探しているという。その男の名前が、石飛リュウ(伊勢谷友介)であることを知る香恵。いつしかリュウに思いを寄せはじめた香恵は、ふと前の住人の残した日記帳を開く。その日記は、真野伊吹(竹内結子)という小学校の新任教師がつけていたものであり、子供たちに囲まれて微笑む彼女の写真に香恵の心は和む。教師を目指す香恵は、伊吹の過ごす日々に共感を覚えながら日記を読み進めていく。そこには新米教師として奮戦しながらも、隆という名の男性との交流が淡々と綴られていた。隆とはどんな男性なのか、香恵は妄想を膨らませていく。伊吹に影響されるかのようにリュウへの思いを深めていく香恵だが、その前に星美(板谷由夏)という女性が現れる。リュウにとってマネージャー的な役割を果たす彼女は、いまもリュウはひとりの女性を愛し続けていると告げる。やがて香恵は、伊吹の相手である隆とリュウが同一人物であることに気がつく。伊吹と隆の恋は実らぬまま、不意の交通事故で伊吹はこの世を去っていた。日記の最後のページには、隆への真摯な思いが綴られていたが、その部分を伊吹は破って、紙飛行機にして教室の窓から飛ばした。伊吹が勤務していた小学校を訪れる香恵。振り返ると、リュウこと隆もそこにいた。二人の新たなスタートを祝福するかのように、伊吹の元教え子たちは教室の窓から紙飛行機をいっせいに飛ばす。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット:
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。