日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ワルボロ
ワルボロ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2007年09月08日 
製作会社
「ワルボロ」製作委員会 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
109分  

ゲッツ板谷の自伝小説を、松田優作の次男で「陽気なギャングが地球を回す」の松田翔太主演、「恋するマドリ」の新垣結衣共演で映画化。80年代の東京・立川市を舞台に、不良に目覚めた中学生の青春と恋を描く。監督はこれがデビュー作となる隅田靖。

スタッフ

監督
隅田靖
原作
ゲッツ板谷
製作
黒澤満
企画
遠藤茂行
プロデューサー
国松達也菅谷英智
脚本
木田紀生
撮影
佐光朗
音楽
鮎川誠遠藤幹雄
美術
山崎秀満
照明
加瀬弘行
録音
林大輔
編集
只野信也
主題歌
ザ・クロマニヨンズ

ストーリー

80年代、東京立川市。勉強一筋だった中学3年生のコーちゃん(松田翔太)は、授業中に絡んできた、今やすっかり不良になっている幼馴染のヤッコ(福士誠治)のチョーパン(頭突き)にブチギレして大暴れする。その現場は憧れの女の子・山田(新垣結衣)にも見られ、恥ずかしいと思う反面、何故か開放感を感じてしまう。その日からコーちゃんは不良に転身し、喧嘩三昧の毎日に突入していく。髪をオールバックにして、短ラン、ボンタン、鉄板入りのカバンで登校するようになるコーちゃん。それを仲間たちは笑って迎える。隣の席の山田はコーちゃんを完全に無視するようになり、母は激怒。他の中学の不良の攻撃にも備え、新しい生活の幕が開けるのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット:
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/12/28]

映画情報を68件更新しました