日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

恋するマドリ
コイスルマドリ

作品名でWeb検索する
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
113分  

都会に住む男女3人が引っ越しをきっかけに知り合い、心を通わせていく、爽やかなラブストーリー。監督は、本作が長編デビュー作となる大九明子。出演は、「恋空」の新垣結衣、「プルコギ」の松田龍平、「バベル」の菊地凛子ほか。

スタッフ

監督
大九明子
エグゼクティブプロデューサー
高島郁夫
企画
見城徹次原悦子
製作
上原宏之百鬼弘佐々木史朗川城和実亀山慶二舘野晴彦山田健太郎本間憲
プロデューサー
松田広子押田興将
原案
筧昌也
音楽
スネオヘアー
撮影
山崎裕
照明
尾下栄治
録音
郡弘道
美術
古積弘二
装飾
堀千絵
編集
今井剛
衣裳
宮本茉莉
ヘアメイク
本田真理子
スクリプター
西浜梓珠子
VE
大場雅一
助監督
荒川栄二
制作担当
安田憲邦
スチール
鈴木さゆり
音響効果
齋藤昌利

ストーリー

姉との些細なけんかから、美大生のユイ(新垣結衣)は一人暮らしをすることになった。ユイにとっては期待と不安がいっぱいの新しい生活だったが、決して好調なスタートとはいかなかった。人はいいけど要領と人相の悪い引越業者、引越しそばも受け取ってくれない無愛想な隣人たち、元の部屋に忘れてしまった大切なものなど、最初から受難だらけだった。忘れ物を取りに行った元の部屋の新しい住人は、いかにも大人な感じのかっこいい女性・アツコ(菊地凛子)だった。偶然にも、アツコの元いた部屋はユイが越してきた部屋だった。その頃バイト先で、ユイの部屋のすぐ上の住人で、物静かで一途な男性・タカシ(松田龍平)と出会う。最初は取っ付きにくいところもあったが、仕事に取り組む姿勢にユイは次第に惹かれていく。そんな出逢いの中で、ユイは次第にアツコには同性としての憧れ、タカシには異性への恋心を抱き始める。しかし、アツコとタカシにもそれぞれ悩みがあった。アツコには自分の夢のために恋人がおり、まだそのことを少し引きずっていた。タカシには失踪してしまった恋人がおり、未練が残っていた。しかもそれは、ユイの部屋の前の住人、すなわちアツコのことだった。運命的な出逢いは、奇妙な三角関係に一変する。ユイはアツコの居場所をタカシに伝えるべきかどうか悩む。大好きな二人には幸せになってほしいが、二人の幸せは自分の失恋も意味している。運命の決断を迫られたユイは、ある行動をとる……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット:
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/06/23]

映画情報を14件更新しました。

[2020/05/29]

映画情報を3件更新しました。