日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年08月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

吉祥天女
キッショウテンニョ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2007年06月30日 
製作会社
「吉祥天女」製作委員会 
配給会社
キュービカル・エンタテインメント 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
116分  

吉田秋生の同名人気コミックの映画化。天使と悪魔の顔を兼ね備えた妖艶な少女に翻弄される人間たちを描く。監督には、過去に「ラヴァーズ・キス」で吉田秋生作品を映画化した経験をもつ及川中。ミステリアスなヒロイン小夜子役に鈴木杏。小夜子に思いを寄せる涼役に「亡国のイージス」で、第29回日本アカデミー賞新人賞を受賞した勝地涼。

スタッフ

監督
及川中
製作
亀井修鈴木健一川島晴男葛谷健一小湊義文
企画
原田宗一郎
プロデューサー
山川恵一丸山文成
ラインプロデューサー
原田耕治
原作
吉田秋生
音楽
神津裕之
音楽プロデューサー
大和朗
企画協力
篠木由美
撮影
柳田裕男
美術
中川理仁
照明
松隈信一
録音
湯脇房雄
整音
鶴巻仁
装飾
藤田徹
編集
阿部亙英
音響効果
柴崎憲治
キャスティング
楠本直樹
助監督
西保典
製作担当
野崎竜一
特機
松田弘志
記録
石川海
ヘアメイク
池田真希
衣裳
青木しげる

ストーリー

昭和四十五年。金沢のある高校に、一人の転校生がやってくる。付近一帯の土地を所有する叶家の娘、小夜子(鈴木杏)だ。幼い頃に親戚に預けられていた小夜子だが、新興の建設会社の息子である暁との縁談話が持ち上がったため、実家に戻ってきたのである。小夜子は瞬く間に、高校中の注目の的となり、周囲を虜にしていく。小夜子に激しい憧れを抱く由似子(本仮屋ユイカ)もその一人である。始めは単なる政略結婚と考えていた暁もまた、小夜子に惹かれていく。だが、暁の義理の弟にあたる涼(勝地涼)だけは、そんな光景を一人冷静に眺めていた。ある日、校内で教師に襲われた小夜子は、偶然通りかかった涼に助けを求める。涼は、小夜子の目にただならぬ光を見るのだった。激しくなる暁の恋心とは裏腹に、それからの小夜子は、むしろ涼に気のあるそぶりを見せるようになっていく。一方で、由似子の姉、鷹子(市川実日子)は、叶家の歴史と家宝に興味を抱き、調査を進めていた。叶家は天女の末裔であるという天女伝説に、鷹子は心躍らせる。だが、次の瞬間、鷹子は、小夜子を襲った高校教師の変わり果てた姿を発見する。小夜子の周囲に、暗い影が差し始める。小夜子を利用しようと企んだ者達は、次々と命を落とし、ついには、暁と涼、由似子までをも巻き込んでいく。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット:
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/09/26]

映画情報を53件更新しました。