日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

東京の嘘
トウキョウノウソ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2007年03月17日 
製作会社
エピックレコードジャパン/読売広告社/CUBE/ボイス&ハート/MTV JAPAN 
配給会社
cinemusica 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
75分  

映像と音楽の新たなカタチを創造する"CineMusica(シネムジカ)"シリーズで、「チェリーパイ」に続く第二弾。複雑に絡み合う男女が嘘だらけの東京でひとり抱えこんだやるせない孤独や渇きを鮮明に描き出す。監督は「ため息の理由」「チェリーパイ」の井上春生。主演は、今回が初めての本格的な映画出演となる作家の島田雅彦。

スタッフ

監督
井上春生
原案
井上春生
脚本
井上春生
編集
井上春生
企画
村山達哉
音楽
村山達哉
音楽プロデューサー
田井基良
エグゼクティブプロデューサー
一志順夫
プロデューサー
松岡周作
撮影
木村重明
照明
渡辺大介
録音
小林武史
美術
仲前智治
衣裳
小倉久乃
ヘアメイク
金具光恵
助監督
浅利宏
制作担当
井上順
スチール
中岡美樹

ストーリー

都内にある大学の大講堂。講義を終えたばかりの精神分析学者で大学教授の瀬尾朔太郎(島田雅彦)のもとにひとりの少女が不意に現れた。女子高生・長倉ゆかり(岩田さゆり)だ。彼女は瀬尾の教え子で日頃からイジメて弄んでいるちひろ(菊池亜希子)の妹で、偶然からメールをやりとりしたことはあるが会うのは初めてだった。足首や肩にタトゥーを彫り、ピアスを耳にいくつも開けて悪ぶっているが、手首につけたビーズのミサンガがあどけない。誘惑するような視線で挑発してくるゆかりに戸惑いながらも、次第に吸い寄せられるように見つめる瀬尾。三ヶ月前に起きたある事件にこの姉妹が関係し、背後に三角関係があったことを知る瀬尾は、食指が動き、ぜひとも味わってみたいと考えていたのだ。その事件とは「海辺で白バイ警官が頭を銃で撃ち抜いた」という奇異なものだった。瀬尾は退屈な日々を飼いならす術を心得ている、と自認している男だ。妻で元女優のミナミ(小山田サユリ)とは一見奇妙な夫婦生活を楽しんでいた。瀬尾の最近の楽しみは関係した教え子の淫らな姿をケータイで撮影して妻のミナミに送ってやること。ミナミもそれをまったく同じように真似たり、ビニールをかぶっての「窒息ゲーム」など様々な遊びを作っては乱れた自分を撮影し、瀬尾に返信していた。そんな仮想的なゲームを通してつながりを保つ二人にとって、それは長いことセックスレスが続いている渇きをごまかす代償行為なのだ。エスカレートしていく「エサ」に反して募っていく虚しさ…。だがこの夫婦のお遊びメールを瀬尾がちひろに送ったことで、瀬尾とミナミの夫婦関係は思わぬ方向へ転がり始める……。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット:
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/11/29]

映画情報を54件更新しました。