日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2022年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

魂萌え!
タマモエ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2007年01月27日 
製作会社
シネカノン/ハピネット/朝日放送 
配給会社
シネカノン 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
125分  

定年を迎え夫婦ふたりで平穏な生活を送っていた関口敏子、59歳。63歳の夫・隆之が心臓麻痺で急死し、敏子の人生は一変。平凡な主婦だった敏子にとって初めての体験の連続。プチ家出、自分だけの携帯電話とスケジュール帳、予期せぬ情事、そして女の対決。次々とやってくる人生の荒波を前にして、彼女の惑う心はいったい何処へ? 桐野夏生のベストセラーの映画化。ヒロイン敏子を演じるのは、「ゲド戦記」の風吹ジュン。監督は、「顔」「亡国のイージス」などの阪本順治。

スタッフ

監督
阪本順治
脚本
阪本順治
製作
李鳳宇河合洋水野文英
プロデューサー
椎井友紀子
アソシエイトプロデューサー
永田芳弘
原作
桐野夏生
音楽
coba
撮影
大塚亮
照明
舘野秀樹
録音
橋本文雄
美術
原田満生
編集
深野俊英
スクリプター
今村治子
助監督
小野寺昭洋
製作担当
松田憲一良
音響効果
伊藤進一
衣裳
岩崎文男
メイク
豊川京子

ストーリー

関口隆之(寺尾聰)が定年退職を迎えた夜、妻の敏子(風吹ジュン)が祝宴の後片付けをしていると、隆之が手を差し出す。2人はぎこちなく握手をした。その3年後の2月。隆之が突然の心臓発作で帰らぬ人になる。葬儀から帰宅するや、息子の彰之(田中哲司)が、日本に戻ってこの家で同居したいと言い出し、長女の美保(常盤貴子)は兄の勝手さに憤慨。その時、隆之の携帯電話が鳴る。隆之の死を知らなかった伊藤という女性(三田佳子)からで、その動転ぶりに敏子は胸騒ぎを覚える。隆之は蕎麦打ちが趣味で、亡くなった日も「杉並蕎麦の会」に行ったと敏子は思っていた。だが、高校時代からの親友、美奈子、和世、栄子と家で食事をしている時に線香を上げに訪れた「杉並蕎麦の会」の今井によると、今年は1回も来なかったという。夫の嘘は伊藤という女性に関係があると直感し、敏子は伊藤を呼び出す。翌日、線香を上げにきた伊藤昭子は、明らかに敏子より年上だ。隆之とは会社の同期で、10年も交際してきたという。和世の喫茶店の開店1周年に、再び親友たちが集まる。敏子を励ますように思い出の曲『こげよマイケル』を楽しく歌っていると、不意に栄子が泣き出し、癇癪を起こし、和世と口論を始め、栄子は出て行ってしまう。四十九日の納骨の日。彰之は家に帰るなり同居の部屋割り案を説明しはじめ、敏子の年金から隆之の生命保険額まで皮算用する。やりきれなくなった敏子は家を飛び出し、駅前のカプセルホテルに入る。ホテルの風呂場で一緒になった老女、宮里(加藤治子)が、おもむろに身の上話を語りだす。甥の保証人になったおかげで山のような借金を抱え、自殺しかけた話だ。彼女はここの常宿者だった。だが翌日の夜、その宮里が倒れているのを敏子が見つける。カプセルホテルの支配人、野田(豊川悦司)も病院に駆けつけるが、彼こそが、宮里を借金地獄に追いやった甥だった。翌日、敏子は帰宅し、長男長女の甘えを一喝し、蕎麦打ち仲間の“関口君を偲ぶ会”に誘われる出かけるのだった……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2022/12/28]

映画情報を68件更新しました