日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

子宮の記憶
シキュウノキオク

作品名でWeb検索する

母の愛を渇望する真人と、かつて誘拐犯だった女性が織り成す“愛”と“再生”の物語。「ホワイトアウト」から6年、若松節朗監督作。主演は数々のドラマやCMに出演し、「子ぎつねヘレン」「フラガール」などの松雪泰子。共演は「美しい夏キリシマ」でデビュー以降、「真夜中の弥次さん喜多さん」「春の雪」などで独特な存在感で魅了する柄本佑。原作は『愛の領分』で第125回直木賞受賞の藤田宜永。切なさと狂おしさに満ちた愛の軌跡の物語。

スタッフ

監督
若松節朗
エグゼクティブプロデューサー
山本良生尾越浩文細野義朗武政克彦佐藤憲夫叶井俊太郎渡辺純一中山和記
原作
藤田宜永
脚本
神山由美子
音楽監修
S.E.N.S
企画
菊池美由貴
プロデューサー
井口喜一深沢義啓棚橋裕之村田法子
共同プロデューサー
大橋孝史山崎賢一上木則安
撮影
栗栖直樹
照明
高橋幸司
録音
矢川祐介
映像
矢沢由那
編集
新井孝夫
サウンドデザイン
塚田益章
記録
寺田まり
助監督
佐藤さやか
美術プロデューサー
北谷岳之
美術
宇家譲二
衣裳
田中まゆみ井口さおり
装置
塩野秀俊
音楽プロデューサー
馬場俊行
音楽
森英治
音響効果
壁谷貴弘
VFXスーパーバイザー
鹿角剛司
CG
水石徹
スチール
神谷智次郎

ストーリー

裕福な家庭に生まれ、両親と3人暮らしの一見何不自由ない生活をしている17歳の少年・真人(柄本佑)。しかし彼は、世間体ばかり気にする両親や上辺だけの愛情を注ぐ母親に失望しきっていた。そんな真人は自分が誘拐されていた過去を知り、その犯人の女性が沖縄に住んでいることを知る。沖縄に旅立った真人は人里外れた街で、入院中の夫(寺島進)を見舞いながら小さな食堂を一人切り盛りしている女性・愛子(松雪泰子)と出会う。真人は、かつて愛子が自分に名付けた”良介”という名を名乗り、住み込みのアルバイトをすることになる。いつもどこか寂しげでなかなか真人に心を開かない愛子だったが、懸命に働き慕ってくる彼に次第に心を許すようになる。そして、愛子と真人の間にはいつしか恋人とも親子ともいえない奇妙な愛情が芽生え始める。そんなある日、沖縄に行った真人を追いかけて東京から友人の沙代(中村映里子)がやって来る。悩みがあるという沙代に付き合い、話を聞くため一晩を過ごした真人は、はずみで関係を持ってしまう。翌日、東京へ帰ると言って別れた沙代は、その晩の祭りの最中に海から遺体となって発見される。自殺だった。自分の責任を否めない真人の心の支えは“母親”、つまり愛子以外の誰でもなかった。事件をきっかけに二人の関係は思わぬ方向へと進んでいくが……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット:
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/03/27]

映画情報を49件更新しました。

[2020/03/26]

映画情報を38件更新しました。

[2020/02/26]

映画情報を50件更新しました。